経済

中国に対する日本の恐怖 – プライベート

編集委員会(ジャカルタポスト)

ジャカルタ
2021年10月7日木

2021-10-07
01:13

e97434844e8b78f10c5dca9afbd1fe25
1
プライベート
日本、首相、中国、米国、クワッド、アセアン、インドネシア、岸田文雄、選挙、外交、投資
無料

日本の恐怖、不安、無力感、過去優越感と、中国の誇りの一部が結合して、新たに選出された日本の首相岸田文雄の最優先プログラムに反映されています。 月曜日に菅義偉の後任として就任した前外相は外交の最優先課題として、すでに強固な米国との軍事同盟を強化するという意味を明らかにした。 これらの選択は、日本の外交政策が中国にどのように対応するのかに焦点を合わせることを意味する。

そうすることで、日本はASEANと同じ近隣諸国についてはあまり関心を持つようになるでしょう。 経済関係と投資は安定的に維持されることがありますが、中国の経済と軍事力が着実に上昇している間に、インドネシアを含むこの地域を当然視する日本が大きい進歩を用意することを期待することは困難である。

中国は経済、安全保障、領土主権の面で日本に直接的な脅威となっている。 日本はまた、韓国、北朝鮮、ロシアと同じ敵対国に囲まれています。 世界3位の経済大国である日本は、世界第2位の経済大国である中国と対立してたいけど一人ではあまりにも臆病する。 したがって、日本は、米国、オーストラリア、インドなどの、中国の敵とクワッド(Quad)と呼ばれるグループの下の軍事同盟を結んだが、日本が重要なプレーヤーはありません。

しかし、より積極的な中国は、日本だけでなく、中国が厳しい経済制裁で簡単に処罰することができる他の多くの国を心配しています。 経済的に中国に大きく依存しているが、日本は発展途上国を避けて互恵的な関係を構築することができます。

日本は、米国の保護という傘が必要です。 日本国民は、米国が作成した憲法を改正することを非常に消極的だからです。 日本の軍事態勢は通常の軍事力の特性に合致するが、日本国民は、第二次世界大戦の長いトラウマのためにそれを定式化することを敬遠している。

岸こと不思議な独特も、中国での人権問題を提起します。 日本は他の国での人権問題を扱おうとは意欲をほとんど示さなかった。 日本の場合は、パートナーの人権記録はあまり気にせず、経済協力が重要です。

今回の政策の変化が、インドネシアにも適用されることを願います。

Kishidaが新しい指導部交代を冷淡日本国民から多くの票を得ることができる機会として使用することを希望に応じて、中原選挙が10月31日、数週間前倒しされた。 岸田の将来は1年しか生きていない専任スの将来と大きく異ならないようだ。 菅と同様に岸田も安倍晋三前首相の影響力に包まれている。

日本の有権者は、インドネシアやカナダとは異なり、大きな変化を約束する若い政治家に投票することを伝統的にオフにします。 日本の有権者は、安定性と政治的確実性を好む。

10月31日中原選挙の結果がどうであれ岸田首相は前任スよりも長持ちそうにない。 インドネシアの場合、日本との関係にも大きな変化がないことです。

日本は、インドネシアの最も重要な経済パートナーのいずれか残ることです。 しかし、日本が中国の恐怖を克服していないし、私たちはそれ以上を期待することができません。

READ  恐怖と報復:NissanがGhosn調査内部告発を粉砕した方法

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close