世界

中国のプローブは、月に行ったその日、米国の宇宙観測の象徴 “アレシボ天文台」が崩壊| Business Insider Japan

プエルトリコのアレシボ天文台。 2019年4月。

SHUTTERSTOCK

  • 中国が画期的な宇宙ミッションで月の石を採取したのと同じ日に、プエルトリコの米国の巨大な電波望遠鏡が崩壊した。
  • 1963年間に建てられたこの天文台は、何世代にもわたっ研究に大きな影響を与えたアメリカの天文学研究の重要な拠点であった。
  • 嫦娥5号による、中国の月探査の成功は、1970年代以降、初めて月のサンプル回収である。 12月中旬に宇宙船が無事地球に帰還すると、宇宙探査の大きな前進となる。

12月1日、米国と中国は、宇宙探査・観測の分野で大きく異なる経験をすることになった。

プエルトリコの巨大な電波望遠鏡であるアレシボ天文台8月以降急激に劣化が進行して崩壊した。 アレシボ天文台は、開設57年の間に、宇宙観測の重要な拠点であった。

一方、地球から遠く離れた場所で、中国の月探査衛星「Chang’e 5「今月の着陸月物質をほぼ50年ぶりに回収して地球に持ち帰る発表した。

米国航空宇宙局(NASA)によると、中国月面着陸と月の岩石の回収は、1976年にソ連のルナ24号によるミッションの後のものである。

NASAのアポロ計画では、米国の宇宙飛行士が、最終的に360kg以上の月のサンプルを回収したのは、1969年から1972年のことである。

同じ日に起きた二つの事件は、中国の最近の宇宙探査研究の積極的な投資と予算規模と優先順位が頻繁に変化する米国の宇宙努力を象徴するものとなった。

Business Insiderが以前報じたように米国が月に戻るためには、コストの面と、新しい大統領が生まれたときに、優先順位が変わることがなど多くの問題がある。

中国の月探査計画は、約10年前に1億8000万ドルの予算をかけて開始、2007年と2008年にはプローブが発射された。 フォーチュンの2019年の報告書によると、まだ米国が最も宇宙探査に予算を支出しているのに対し、中国の支出は15年から349%も増加している

中国の国営メディアは12月1日、中国の無人探査機が月に着陸月からサンプルを取るミッションが一歩進んだと報じた。

中国の国営メディアは12月1日、中国の無人探査機が月に着陸月からサンプルを取るミッションが一歩進んだと報じた。

中国国家宇宙局

嫦娥5号は、次の月軌道に宇宙船とドッキング地球に戻ることになる。 順調に進めば、12月中旬に内モンゴルに着陸する予定である。

米国国立科学財団によると、12月1日、アレシボ天文台にぶら下がっプラットフォームが落ちる主鏡を破壊した。

1960年代に建設されたこの天文台は、もともとアメリカ国防総省からの資金の提供を受け、現在は国立科学財団とセントラルフロリダ大学によって管理されている。 この望遠鏡は、地球に向かって小惑星の追跡などの重要な科学的発見をもたらしノーベル賞につながる研究に貢献することがある。 また、ジェームズ・ボンド映画「ゴールデンアイ」の印象的なシーンの舞台となっている。

プエルトリコ気象学者エイダ・モンソン(AdaMonzón)は12月2日に望遠鏡の崩壊を涙を流しながら発表した国立科学財団は11月に天文台の作業の中断を発表したしかし、この崩壊して天文台の構造だけでなく、今後、他の用途での利用可能性も悲劇的な終末を迎えることになった。

[実物:[실물:同日、中国が月に探査船を着陸させ、プエルトリコの米国の巨大な望遠鏡が崩壊した]

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

READ  ロシア、ウクライナ国境の軍事増強を終息する

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close