経済

中国の人口はFTレポートに反論し、「早い2022年に「減少すること

人々は、中国中部の湖北省武漢の追加虚距離で買い物に歩いて行きます。 写真:Li Hao / GT

中国の人口は、早ければ2022年から減少し始め、5年間の成長傾向を終え、中国は出産制限を全面解除し、その時点でより多くの出産を奨励するなどの主要政策調整を採用すると、中国の人口学者は言った。 10年に一度国勢調査の結果発表。

その発言は火曜日フィナンシャル・タイムズ(FT)に、中国の人口調査が1949年以来、初めて人口減少を示すと主張した記事に反論しました。

FTは水曜日に「1949年以降」という古いフレーズの代わりに「50年ぶりに「最初の減少になるとヘッドラインを変更しました。

しかし、中国人の人口調査がはまだ同意していなかったし、2020年までに全人口を包括した第7回全国人口調査の結果が、昨年に人口が減少し始めたことを示すのは極めて珍しいました。

中国及びグローバル化センターの人口統計学の専門家であり、研究員であるHuang Wenzhengは水曜日グローバルタイムズ、中国の人口が2020年に減少し始めたという証拠がないため、「FTの見出しが間違ってました」と言いました。

一部の専門家は、2020年の末、中国の人口が2019年末の総人口が14億人未満と推定しても、中国の人口が減少し始めたという意味ではなく、統計的エラーの可能性が高くなります。

国家統計局では毎年報告する人口統計は非常に少ない標本に基づいていますが、10年に一度の国勢調査は、家ごとに行われるため、国勢調査の結果は、年間統計より信頼性があります。 、硫黄た。

中国は2020年11月1日に7回目の人口調査を開始し、約700万人の人口調査が訪問し、世界で最も人口の多い国の人口統計学的変化を記録しました。

硫黄をはじめとするいくつかの中国人人口学者たちは、中国の実際の人口が昨年に減少し始めるしていないようだが、人口増加率は、長年の間に落ちているので、中国の人口は減少し始める前に、実際に1〜2年以内にピークに達することができると言いました。

独立人口統計学者だ解く近年の死亡と新生児の間のギャップが減り、2022年から死亡者が出生より多いことができ、これは人口がその時点で減少ということを意味するとグローバル・タイムズに語った。

とにかく中国は1960年と1961年に人口減少を経験したので、1〜2年の間の減少は、「1949年以降、初めての減少」ではないだろうと専門家は言った。

中国は今後数年間で、全人口が減少すると予想されるが、以前に発表された出生率のデータによると、先ほど完了した7回の人口調査が全人口の減少を示す可能性はほとんどありません。 Lu Jiehua教授北京大学の人口統計は、水曜日グローバルタイムズに語った。

しかし、中国のアナリストは、早ければ来年から人口減少が始まるという暗鬱な家庭の中に公開される7回人口調査の結果は、中国の人口政策調整に重要な参考資料となると述べた。 来年または2年以内に来なさい。

彼は中国の政策立案者が、早ければ2022年に出産制限を完全に解除し、出産を奨励することができると述べた。

人口減少は、労働力の減少と革新的な能力の減少につながる投資収益率が低下して退職者に財政圧迫が加重されます。 このすべてが、最終的に、長期的な経済の低迷を招くと専門家は言った。

国際的に日本は人口のほぼ30%が65歳以上で、10年前に日本の人口が減少し始めたので、「最も灰色国」と呼ばれます。 日本の経済成長は、長年の間、約1%を超えました。

出産制限を完全に解除するだけでは、中国の全人口の減少を防いだり、中国が他の日本になることを防ぐのに十分ではないと硫黄た。

代わりに、中国は出産を奨励するためのより多くの措置を講じてください。

READ  今夜21時予約開始! iPhone12を確実に早期に予約する5点 - iPhone Mania

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close