トップニュース

中国の太平洋島外交は日本との関係を複雑にすることができます。 ニュース

TOKYO(刑務所ニュース/ファックニュース) — 最近、中国が太平洋図書国への影響力を強化する試みは、アジアで近い米国同盟国である近隣の日本との関係をさらに複雑にし、地域の安全保障状況を危うくする可能性がある。

中国が島の国々で軍事的拠点を確保するならば、米国は南シナ海の北京と台湾および日本近隣海域で抑止力を弱めることができる太平洋南側に対してより綿密な監視をしなければならないでしょう。

太平洋地域で世界の2つの強大国間の緊張が高まると、世界がアメリカが率いる西欧民主主義国家と中国やロシアのような独裁国家と呼ばれる2つのブロックに分ける速度が速くなるでしょう。

日本が共産主義の中国の脅威に対処するために米国との協力を深めるにつれて、両アジア諸国は、地域の利益を追求するためにさらに激しく競争し、東アジアの安全保障の不安定性をリスクレベルまで高める。 仕事の専門家は言います。

習近平中国国家主席は、米国、オーストラリア、インド、日本からなるいわゆるクワッドに挑戦するため、アジア太平洋地域で安全保障と経済的影響力を強化するために努力してきた。

クアッドは、中国の増加する主張に対するバランスウェイトとして広く認識されていますが、メンバーはインフラ、気候変動、コア技術などの分野で「実質的な協力」と呼ぶことを深めるグループだと強調しました。

しかし、執権中国共産党のタブロイド版であるグローバルタイムズ(Global Times)は、米国と安保同盟国がアジアで反中同盟を構築するために苦労していると非難し、結局「アシアナト」(北大西洋条約機構)を結成した。 。

来週土曜日まで10日間、太平洋島を8カ国順方する王毅中国外交部長は先週、太平洋島国は「誰の裏庭ではない」と話したことが分かった。

2019年、南太平洋地域のソロモン諸島とキリバスは、外交関係を民主主義的な台湾から中国に変えました。

今年初め、中国とソロモン諸島は、中国の警察、兵士、その他の武装エージェントの配置と島にアジア諸国軍艦の停泊を許可する安全保障協定に署名しました。

中国もオーストラリアとハワイの間に位置するキリバスと安保協定を熱望するという推測が蔓延している。

経済的観点から、フィジー、パプアニューギニア、サモア、ソロモン諸島、トンガ、バヌアツを含むいくつかの太平洋諸島諸国は、北京が「現代シルクロード」として宣伝する中国の国境を越えたインフラ「一対一路」プロジェクトに参加しています。

松野広加官房長官は10日、官房長官が「地域安全保障環境に重大な影響を及ぼす可能性のある動きを懸念して注視している」と話した。

日本政府の情報源は、南太平洋地域が中国に対抗するために、東京と米国が推進したビジョンである自由で開放されたインド太平洋を実現するために「非常に重要だ」と述べた。

消息筋は「この地域はまさに自由主義陣営と全体主義陣営の葛藤の場になった」とし「台湾と日本に危機が迫る可能性も排除できない」と話した。

市錫の指導部がすでに世界で最も忙しい航路がある南シナ海に軍事インフラを備えた人工島を建設しているため、中国が南太平洋地域に国家の軍隊を迅速に配置することが容易だと専門家らは言います。

しかし、これまで中国は基本的に民主主義と自由、法治主義を重視する太平洋図書国家たちで米国と同盟国の抵抗にもかかわらず目標達成に苦しんでいる。

先週、クワッドリーダーは、今後5年間、インド太平洋地域への500億ドル以上のインフラストラクチャのサポートと投資を拡大することに合意しました。

王の太平洋島国家順房のうち、ホワイトハウスはフィジーがオーストラリア、インド、日本、韓国など13カ国と共に最近、ジョーバイデン政権が発足させたインド-太平洋経済体制に合流したと明らかにした。

一方、オーストラリアのメディアは、中国が貿易から安全保障に至るまで、広範な問題を扱う協定に署名するように太平洋図書国家を説得できなかったと報じ、ミクロネシアはこれらの措置が「新冷戦」を促す可能性があるという懸念を表明している。

北京のある外交消息筋は、太平洋図書国家が中国の政治的近接性について「合意に達しなかった」とし「民主主義国家がこの地域で中国の野望を挫折させる機会が残っている」と話した。

「中国とソロモン諸島の関係をくさび形にすることが重要です。 消息筋は「東京が日本と友好的な関係を強化してきたという点で、日本が核心的な役割を果たせると思う」と話した。

日本は1997年から3年ごとに太平洋諸島の指導者会議を開催し、気候変動や災害管理から海洋資源の持続可能な使用まで、さまざまな問題に重点を置いています。 ソロモン諸島は会議のメンバーです。

元ソロモン諸島駐在日本大使である富山シゲルは、日本国際問題研究所に提出した報告書で、世界舞台で日本の活動が島国の「常に」支援を受けていると述べた。

富山首相は、ソロモン諸島との好意的な関係を維持するために、日本は島国の要求を「質的にも量的にも」満たすことができる援助を提供することで、量子協力を強化しなければならないと述べました。

READ  杉山駐米大使を退任し、後任にトミー韓国大使を起用 - 読売新聞

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close