トップニュース

中国の船舶2隻が尖閣島で日本の領海に入る、World News

北京の他の不法侵入事件で、中国政府の船舶2隻が月曜日の朝東シナ海の尖閣諸島で日本の領海に入った。

日本の沿岸警備隊の関係者は、月曜日の午前4時頃南小島島で日本の海域に船舶が侵入したとNHKワールドが報道し、日本の管理が船舶が海域を去るように警告していると付け加えました。

以前は、日本の領海のすぐそばにある隣接地域を航海する中国政府の船舶3隻が、以前に目撃された管理者は語った。

日本の放送局は、中国公式船舶が尖閣諸島で日本の領海に入ったのは、今年の11番目と報道した。

日本は尖閣諸島を支配しているが、中国と台湾は引き続きこれを主張しています。 東京は歴史と国際法に基づいて、島が領土の固有の部分であることを維持します。

前米国防長官ロイドオースティンは、日本との最初の会話の中で、中国の拡張主義に対抗し尖閣諸島を守るという米国の公約を新たにしました。 日本と中国は、日本の尖閣(Senkaku)と中国のディア誤り(Daoyu)と呼ばれる東シナ海の島々を置いて紛争を繰り広げています。

オースティンとキシ信夫日本の国防長官は、日本に対する米国の防衛義務を規定する日米安保条約第5条尖閣諸島を含むと確認したとJiji通信が伝えた。

国防長官はまた、日本の島の管理権を毀損する一方行為に対する反対を再確認した。

日本は紛争の島周辺の海域侵攻を含む東シナ海で、中国の拡張主義起動にますます懸念を表明しています。

(機関の意見で)

READ  12個の日本企業、ウイグル強制労働関連事業契約終了

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close