世界

中国は、習近平がワクチンの安全に対する恐れを軽減するために地元のコロナ19を刺したと述べた。 コロナウイルス

中国政府がワクチンの推進を妨げる危険性がある安全に対する公衆の懸念を緩和するための努力を強化するにつれて、中国のCovid-19ワクチンは安全であり、国家指導者と執権共産党に提供されたと管理者は語った。

Zeng Yixin国家衛生健康委員会副主任は土曜日、「中国の国家と党指導者が共に国内産注射でコロナ19予防接種を受けた」と述べた。

中国では、「国家および党指導者」は、国家主席および習近平国家主席と李克强首相を含む国家および副国家レベルの上級管理の特定のカテゴリです。

公務員がいつジャブを受けたのか、どのように多くの接種を受けたのかを明示していないZengの発言は、中国がコロナ19ワクチン接種を開始してから約2年ぶりに出たものです。 中国は、指導者の予防接種の状態について公衆に知らせる他の多くの国々に遅れている。

専門家や管理者は、高齢者に対する低ワクチン接種率は、ウイルスが広く広がると医療資源を圧迫し、中国が危機から逃れる準備が少なくなると警告した。 厳格な「ダイナミックコビッドゼロ」ポリシー 海外旅行者に対する厳格な検疫要件と、クラスターがある国内地域の人移動と地域ビジネスに対する多様な抑制を求めます。

中国国家衛生健康委員会は7月23日、中国のコロナ19新規確定者が982人で前日より817人増えたと明らかにした。 ほとんどのケースは、北西部の蘇州省と広西省の南部地域で発生しました。

国家は89.7%の予防接種率を達成し、14億1千万人のうち約56%に追加接種を提供しましたが、80歳以上の人口の61%だけが1次予防接種を終えました。

しかし、予防接種を受けていない人々の公共の場所へのアクセスを制限することを含む、最前線管理のより積極的な推進はオンラインで反発を招き、急速に逆転しました。

ワクチンに当たらない人々の主な関心事は、ワクチン接種後の深刻な病気の逸話がオンラインで恐怖を引き起こし、政府と中国のワクチンメーカーの透明性の欠如に対する批判を引き起こす中国で使用される注射の安全性です。

ある病院感染病の専門家であるワンフーソンは「コロナ19ワクチンは白血病や糖尿病を引き起こさず、遺伝的発達に影響を与えたり、腫瘍前や抗体依存的増強を起こさない」とし「インターネットに浮かぶ無責任で誤った情報」と話した。 中国軍と共に。

ワン氏は記者会見で、糖尿病と白血病による入院率は2018-22年の間に似ていたと述べた。

60歳以上の高齢者の場合、中国産接種による完全な一次予防接種は重症疾患で進行するリスクを89%減らすが、追加接種はワクチンを接種していない人に比べてリスクを95%にさらに下げたとFeng Zijianは言った。 中国予防医学会。

最も頻繁に使用された中国のショットはSinovacとSinopharmによって作成されました。 国はまだ外国産のコロナ製品を承認していません。

READ  一部の親は、ハイブリッド学習に切り替えることにしたYork学区の決定に抗議します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close