経済

中国は尖閣諸島が日本の抗議にもかかわらず、侵入を正当化すると主張

東京 [Japan]、2月8日(ANI):中国は月曜日に、中国が東京が制御して、北京が主張する東シナ海の尖閣諸島付近の日本の領海に沿岸警備隊が侵入したことを正当化しており、彼らは日本の「固有の領土」と主張しました。
共同通信によると、中国政府は、違法で海域に入ったとみられる外国船舶に対して沿岸警備隊が武器を使用することを可能にする法案を施行して尖閣ス周辺を航海する日本船舶が標的になるという懸念を呼びました。
王ウェンビン中国外務省のスポークスマンは、中国が島近くの海域で行われたパトロールと法執行機関の活動は、「法に基づいて、中国が主権を保護するために取った合法的な措置」と記者団に語りました。
共同通信は、日曜日に、中国の沿岸警備隊が二日連続で島の周りの日本の領海に入ったと報じた。
日本は土曜日、中国沿岸警備隊は、中国のディア誤り(Daoyu)と呼ばれる尖閣ス近くの日本領海に新しい法律が発効された後、最初に侵入した後、いくつかの外交経路を通じて北京の抗議を提出しました。
日本の沿岸警備隊によると、午前4時45分頃、中国の沿岸警備隊2隻が無人島の近く、日本の海域に侵入したとします。 京都ニュースが報道したところによると、日本政府は、侵略の後の状況を分析するために、室に特別チームを構成したと関係者は語った。
2010年代初め、中国と日本は尖閣スの領土列抜けていました。 北京はほぼ全体の海洋地域の主権を主張しながら、この地域に軍事基盤施設を備えた人工島を迅速に構築しました。
さらに、中国は東南アジア諸国連合の10カ国の(ブルネイ、マレーシア、フィリピン、ベトナム)のうち4人南シナ海の台湾と相反する領土主張をしています。
一方、米国戦艦は、この地域では、中国の主張と行動に挑戦するために航行の自由をとっている。 (ANI)

免責条項: 上記の記事に表現された見解は、著者の見解であり、必ずしもこの出版社の見解を示したり反映することはありません。 特に指定されない限り、著者は自分の個人的能力に文章を書いています。 これは、意図されたものではなくいくつかの機関や機関の正式なアイデア、態度や政策を示すものと考えてはいけません。


READ  PS5先着順の販売を予告したNTT-X」予想を超えるアクセス集中」に送り出し。入手私続ける - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close