中国は金持ちになるには古すぎましたか?

1 min read

去る3月、李昌中国首相は2024年5%経済成長目標を野心的に発表した。

続く論評で、世界銀行首席経済学者ジャスティン・イフリン(Justin Yifu Lin)は、中国経済が今後10年間で年間平均5~6%成長し、2036年から2050年の間3~4%に鈍化すると予測して政府目標を支持した。 リンはまた、中国が2025年ではなくても、2026年には高所得国の地位を達成できると提案しました。 中国の暗い人口統計学的見通しを考慮すると、その可能性はほとんどないようです。

Linは、人口が老齢化し始めたとき、26カ国の1人当たりの国内総生産(GDP)が米国の半分にも及ばなかったと指摘しています。 彼は、この時点以降もこれらの国が経済を改善し続けているため、中国もそうすることができると主張しています。 世界保健機関(WHO)は、65歳以上の人口比率が7%を超える時点を経済老齢化段階の始まりとして定義しています。 これは中国が1998年に達成した人口統計的マイルストーンです。 2023年には、65歳以上の中国人の割合が15.4%に増加しました。 。 歴史的に、高齢者人口が全人口の15%を占めた後、12年間で4%の成長を達成した国はありません。 この期間中、高所得国の平均成長率は1.8%に過ぎません。

READ  中国、チップ製造技術への輸出抑制について日本を強打
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours