中国は防衛法を拡大した。 専門家は、外国企業が心配しなければならないと言います。

Estimated read time 1 min read

香港(CNN) 中国 アナリストはすでに包括的な防衛法の範囲を拡大しています。 より法的リスクの生成 あるいは、外国企業、ジャーナリスト、学界の不確実性。

この変更は、これらの用語がどのように定義されるかに関する特定のパラメータを指定することなく、スパイ活動の定義を国の機密性と情報に対処することから、「国家安全保障および利益に関する文書、データ、資料または項目」に拡張します。

7月1日から施行される新法ではスパイ機関と連携し、中国の核心情報インフラを狙ったサイバー攻撃もスパイに分類する。

水曜日、中国最高の立法機関で承認された改正案は 強調増加 一世代の間、中国の最も断固たる指導者である習近平の国家安全保障についてです。

習近平は執権10年間、中国内外で検知された脅威を取り締まるための一連の新しい措置を監督し、国外の情報の流れを制御するよう努めました。

2014年に合格した法律の元のバージョンは、すでに「非常にあいまいで非常に強力でした」と東京大学の国際関係教授である松野松弘氏は述べています。 「しかし、中国はそれが十分ではないと思う」と彼は言った。

拡大された防衛法は、中国が3年間自ら課したコビッド分離以後、大流行時代の国境制限を解除してからわずか数ヶ月で出てきたものです。

松田氏は、中国の指導者たちの目には「中国が開かれており、これは中国をはるかに脆弱にする」と述べた。

改正案は、学術研究者やジャーナリストなどの外国人個人や中国の訪問や事業に対する企業の懸念を高めることができます。

修正案の新しい言語は、「どんな組織でも誰でも疑うことができ、そして……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………。 「これは間違いなく冷却効果を引き起こすだろう」と彼は言った。

高まったリスク

どのような文書、データ、または資料が国家安全保障に関連しているかについての明確性の欠如は、中国をよりよく理解しようとする学界や企業に重大な法的リスクをもたらします。

アナリストによると、コロナ19の起源、中国の実際のファンデミック死者の数、中国経済に関する確実なデータなどのトピックは、すべて法の十字線に含めることができます。

シンガポール国立大学リクアンユ公共政策大学院のアルフレッド・ウ・ブ教授は「以前は(一部活動が)正常な交戦だったが、今はスパイ活動になることができる」と話した。

「国家安全保障や食料安全保障に関連するものとして広く定義できる地方政府予算のようなもの」と彼は言いました。 「研究者たちは確かに気をつけなければなりません。」

中国は、国家安全保障およびスパイ行為に関する法律が国家を保護するためのものであると述べています。

近年、スパイの疑いで外国人が引き続き逮捕され、法の適用に関する懸念が加重されました。

外国政府は、この事件が政治的動機があると説明し、弁護人の接見拒否や非公開裁判などの正当な手続きに違反したと中国政府を非難した。

一つ 注目すべき例元外交官のマイケル・コヴリグと実業家のマイケル・スパヴォルなど、2人のカナダ人がほぼ3年間中国に拘禁されました。

2018年末に、カナダが中国の起業家であり、Huaweiの幹部であるBong Wang Zhouをイランでの取引に関連する米国の令状に逮捕した直後、スパイの容疑で逮捕されました。

北京は彼らの事件が政治的報復であるという事実を繰り返し否認したが、カナダが中国の中国の中国人に戻ることを許した日に、二人は解放された。

エッジビジネス

ここ数週間、日本は先月、スパイの疑いで中国に拘禁されたアステラスの制約に雇われた自国民一人を釈放することを要求しました。

日本国営NHKによると、2015年以降少なくとも17人の日本人がスパイやその他の活動の疑いで中国に拘留された。

東京大学の国際関係教授川島真氏によると、このような状況は日本から中国への旅行者にすでに影響を与えている。

川島氏は「非常に難しい。多くの日本の学者がすでに中国に行かないことにした」と述べた。

日本企業はまた、法律によるスパイ活動の定義が「あいまいだ」と指摘しているので、彼らも中国に「企業の派遣を躊躇する」と彼は言った。 「大きな問題です」

1つの問題は、過去の拘禁で裁判所事件の詳細が開示されていないため、企業や個人がリスク評価を行い、どの時点で活動が法的線を越えることができるかを判断することが難しいことです。

彼は「今回の改正案にもかかわらず、我々はどのような文書が国家安全保障問題を構成しているかはまだ理解していない」と付け加えた。 「中国は事案別に決定できる」

西欧企業も危機に瀕しています。

先月、中国当局は ミンツグループ北京事務所閉鎖、米国企業のデューデリジェンス会社、現地の従業員5人を拘禁しました。 そして木曜日には、アメリカのコンサルティング会社ベイン&カンパニー(Bain&Company)が 言った 中国警察は上海事務所のスタッフを尋問した。

中国当局は、取り締まり理由を含め、2つの事例の詳細を提供していないが、アナリストは、今回の措置が中国で運営されている外国企業をさらに脅かす可能性があると述べている。

AmCham China社長のMichael Hart氏は、「中国政府は継続的に外国人投資を歓迎すると述べている。

「私たちのビジネスコミュニティは恐れられ、メンバーは「次は誰ですか?」と尋ねています。政府の意図にかかわらず、それが受け取られているメッセージです。」

CNNのミシェル・トーが報道に貢献した。

READ  ノーコードでAIを構築できるMatrixFlowを使って、タイタニック号の生存者予測をしてみた| Ledge.ai
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours