経済

中国は7月に国債保有量を増やし、日本は保有量を減らすと米財務省データが示しています。

2020年8月29日、米国ワシントンDCの米国財務省本部で標識を見ることができます。 REUTERS/Andrew Kelly

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

ニューヨーク、9月16日(ロイター) – 米財務省のデータによると、中国は7月に8ヶ月ぶりに国債の保有量を増やし、日本は米国の国債負担を減らした。

中国の国債保有額は6月9678億ドルから7月9700億ドルに増加し、2010年5月8437億ドル以降最低値を記録した。

一方、日本は7月の国債保有額を1兆2360億ドルから1兆2340億ドルに減らした。 日本は米国外の国債保有国の中で最大の保有国です。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

日本保有株式の下落は通貨市場の動きとほぼ一致した。 円は1ドル当たり131.6円で、7月にドルに対して強気を見せ、最初は135.22円で締め切りました。

今年のドルに対する円の急激な下落は、日本が日本の通貨を促進するために市場に介入する可能性を高めました。 2022年初めから、円はドルに対して19.5%下落しました。

全体的に海外国債保有額は6月7兆4300億ドルから7月7兆5010億ドルに増えた。

取引基準で米国債は7月に231億2000万ドルの純海外流入を記録し、前月の589億ドルから減少した。 米国債は3カ月連続で海外流入を記録した。

流入は一般に国債市場の価格の動きを追跡した。 ベンチマーク10年の国債利回りは7月の2.904%から始まり、2.642%で締め切りました。

他の資産群で外国人は7月、米国株式を6月253億6000万ドル流出から603億2000万ドルで7カ月連続売却した。 7月の流出額は3月以降最大規模だ。

米国社債は7月に87億8000万ドルに流入し、6月の139億9000万ドルで小幅減少した。 外国人は7カ月連続米国会社債を純買収した。

財務省のデータはまた、米国の住民が6月に505億ドルの売上高から272億ドルの純売上高を記録し、保有していた長期海外証券を再売却したことを示しています。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Gertrude Chavez-Dreyfussの報告Chris ReeseとJonathan Oatisの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  新しいFire TV Stick、4,980円。 50%強力でHDR対応年内に新しいUI - AV Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close