世界

中国ゼロコロナ政策:北京のスケジュールの上級管理のスピーチの後、検閲官はインターネットをこすります。

中国共産党官営新聞である北京デイリー(Beijing Daily)は、先にチャイ・チー(Cai Qi)市党書記が「今後5年間、中国は断固としてコロナ19ファンデミック統制措置を施行し、「ゼロ-ゼロ」を堅持する」 「と月曜日報道した。 海外流入は遮断し、国内の確定者は反騰するためのコロナ19政策」と話した。

習近平中国国家主席の側近である蔡が「今後5年」を言及した報道は、中国のソーシャルメディアで大きな反発を呼び起こした。 これに対して、北京デイリー(Beijing Daily)は、感染症の制御に関する他の言及はそのままにし、「編集エラー」と説明しながらその行を削除しました。

CNNは全体のスピーチを見直し、北京デイリーの発表された引用は誤解を招くかもしれませんが、Caiは今後5年間、首都でコロナウイルスのゼロ政策を維持する可能性について詳細に議論しました。

維持される感染症の管理には、日常のPCRテスト、厳格な入国規則、住宅地および公共の場所での定期的な健康診断、北京に入って来る人の厳密なモニタリングおよびテストが含まれると、国営メディアはCaiの言葉を引用しました。

あるユーザーは、中国のTwitterのようなプラットフォームであるWaiboに「長期的に北京に続くべきかどうか再び考えなければならない」と書いた。

別の利用者は「今後5年間…生きているというのが何の役に立つか」と話した。

以後、Waiboはプラットフォームで「今後5年間」ハッシュタグを禁止した。

5月初め、習近平は中国最高意思決定機構である共産党政治局常務委員会会議でコロナ19ゼロ政策をさらに強調し、管理者と社会各階層に「決定と計画」を遵守するよう指示した。 地図。

ニコラス・バーンズ平日の米国大使は、6月16日のオンラインブルッキングス研究所の行事で、中国政府の信号に基づいて、中国が「2023年初め」までコロナ19ゼロ政策を維持すると期待すると述べた。

数ヶ月間、北京と上海を含む中国全土の都市は、厳しいコロナ19ゼロ政策のために経済活動に混乱を招き、雇用市場に被害を及ぼすため、全体または部分的に閉鎖された。 去る5月16~24歳失業率は18.4%で史上最高値を記録した。

中国は、いくつかの Covid 事例についてコミュニティと都市全体を閉鎖し続けています。 すべてのポジティブケースと密接な接触者は政府の検疫に送られます。

中国国家衛生健康委員会(National Health Commission)によると、中国は日曜日全国的に23人の地域伝染コビド-19事例を報告し、北京と上海はそれぞれ4件を記録した。

READ  今日のバイデンニュース:大統領は、6番目に学資金ローンの借金を一時停止し、オバマと「良い昔」について冗談を言いました。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close