中国ボックスオフィス:日本「ワンピースフィルムレッド」週末​​興行

1 min read

ワンピースフィルムレッド「中華圏で1位を獲得 ボックスオフィス 週末には、日本のアニメのタイトルが別のタイトルに置き換えられました。

小田栄一郎(Oda Eiichiro)のアニメシリーズをベースにした「ワンピース(One Piece)」映画フランチャイズの15番目のタイトルであるこのタイトルは日本で大きな人気を得ており、現在海外に拡大しています。 11月27日まで本国日本で185億円の収益を上げ、2022年日本で興行作となりました。 また、日本で9番目に高い収益を上げた映画であり、6番目に高い順位のアニメ長編映画です。

〜の中 中国、「ワンピースフィルムレッド」が木曜日公開されました。 コンサルティング会社Artisan Gatewayのデータによると、金曜日と日曜日の間に790万ドル(RMB 5600万)を稼ぎ、開場4日間で1050万ドルを稼いだ。

過去2週間で1位を守った「名探偵コナン:ハロウィンの花嫁」は2位に押された。 11月18日の発売以来、週末の累積収益は1,940万ドルで、180万ドル(RMB 1,270万)を記録しました。

最高の中国タイトル「The Tipping Point」は、発売4週目の週末に660万元($900,000)の収益を上げました。 発売後、ほぼ4週間で現在2,130万ドルを蓄積しました。

「フェアウェル北京」は、公開3回目の週末に累積620万ドルに400万元(約60万ドル)を記録しました。

ホームグローヒット作の「ホームカミング」は310万元(約40万ドル)の収益を上げ、徐々に総額が2億2,200万ドルに増加しました。 これは9月30日以来2ヶ月間起こったのです。

COVIDの状況とその対応は中国のビジネス活動を支配し続けています。 全国的に新しいケース数は、先週のほとんどの間、1日30,000件以上に着実に維持されました。 そして先週の水曜日、中央政府は最も厳しい管理措置から抜け出す動きを発表した。

しかし、実行は地方当局の手にとどまり、同時に個々の地方、都市、地域の状況に応じて異なる方向に進んでいます。 先週は海南島国際映画祭が延期され、上海ディズニーランドは再開場4日後に閉鎖されました。

これにより、映画上映部門と配給部門が全面的に運営され、あらかじめ計画することが難しい。 すぐに公開される「アバター2」の規模が示唆するところが大きい。

Artisan Gatewayは、最近の週末に全国のボックスオフィスの総額を1,310万ドルと計算しました。 現在までの総額は40億2千万ドルで、2021年水準より約36%低い。

READ  うまみ丼、今週正式オープン
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours