中国ライバルと激しい戦いを繰り広げる日本企業

Estimated read time 1 min read

経済


北京、8月12日(Jiji Press)–中国企業は1978年、東アジア諸国間の平和友好条約締結以来45年ぶりに日本企業の強力なライバルに成長した。

中国経済が量子協定締結に伴う日本の投資に支えられ、眩しい成長を遂げ、中国企業は技術と財務状態を強化しました。

中国で活動している日本の自動車会社の上級関係者は、「我々は今、中国から後退する直前」と述べた。

ビヤディをはじめとする中国完成車メーカーが中国政府の支援に支えられ、電気自動車が拡散している内需市場で販売を急速に拡大している。 日本の完成車メーカーの中国乗用車市場シェアは1年ぶりに5.2ポイント下がった。

中国自動車会社はヨーロッパと東南アジアでも積極的な車両販売キャンペーンを展開しており、2023年上半期の自動車輸出で日本自動車会社を抜いて1位を占めました。 年度。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  日本、国内宇宙産業活性化のために1兆円のファンドを造成
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours