中国政府船2隻日本領海進入

Estimated read time 0 min read

日本の海岸警備隊の管理者たちは、月曜日の朝、東シナ海の尖閣列島の沖合で、中国政府船舶2隻が日本領海に入ったと明らかにしました。

彼らは船が午前6時30分の直前に南小島島沖に進入し、日本船に接近しようとしたと見られると述べた。

管理者は、中国の船舶が約4時間日本海域を航海した後、午前10時20分に日本海域を離れたと述べた。

午前10時30分現在、領海のすぐ外に接して水域で航海中であることが分かった。

海警は船舶に再び海に入らないように警告し続け、彼らの動きを注視しています。

中国政府船舶が尖閣列島沖に日本領海に進入したのは今年に入って二番目だ。 最初の侵入は1月15日に発生しました。

日本は島を支配しています。 日本政府は、島が日本の領土の固有の一部であると主張しています。 中国と台湾が主張しています。

松野宏和官房長官は、記者たちに日本が外交経路を通じて中国に抗議したと発表し、船舶の早期撤退を促した。

松野は船舶が尖閣諸島周辺の日本海域に入ったのはとても残念で容認できないと言いました。

READ  スポーツベッティングの新しい楽しみ方
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours