世界

中国本土、初のオミクロン・コビッド事件報告

医療従事者は、2021年12月7日、中国浙江省寧波のZhenhai地区でCOVID-19核酸検査のために市民から綿棒を収集します。

フシュジュンビジュアルチャイナグループ| ゲッティイメージ

北京 – 月曜日、中国本土は首都北京から車で約2時間の場所にある天津市でオミクロンコビッドの変種の最初の例を報告しました。

天津地域保健委員会によると、海外から来た旅行者からオミクロン事例が発見されたが、症状はなかったが、木曜日陽性判定を受けた。 この患者は病院で隔離治療を受けていると委員会は伝えた。

月曜日にイギリスは報告した。 オミクロンの変種による世界的に初めて公開された死亡。 新しく識別されたバリアント — 南アフリカで初めて報告 11月末 — 感染性が高く突然変異が激しく、既存のコロナウイルスワクチンの効能に対する懸念を呼び起こしました。

Covid-19は2019年末に中国本土で初めて登場しました。 中国は数ヶ月で発症を制御しましたが、その間、ウイルスは世界的な流行になりました。

中国本土は、過去18ヶ月間に小規模のコビッド-19事例だけを報告しました。 最近、新種コロナウイルス感染症(コロナ19)の確認者が内モンゴルと南東部地域に集中した。

中国本土保健委員会は月曜日に合計51人の現地で確認された事例を報告し、25人は海外旅行者によるものと報告し、新しい死者はいませんでした。

READ  サラエバーロッドの死は、運動を開始したが、友人には悲しみが個人的なことです

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close