経済

中国海景4隻尖閣列島日本領海進入

2022年の最初の侵入で、中国海景4隻が土曜日に東シナ海尖閣列島周辺の日本海域を1時間以上航海しました。

日本海岸によると、4隻のハイジング船は午前10時から午前10時20分頃、尖閣連鎖のキューバ島南東日本海域に入り、午前11時45分から正午の間に島北北東海域を離れた。 日本那覇にあるガードの11地域本部があるとジャパンタイムズが報道した。

今年に入って中国政府船舶が侵入したのは今回が初めてだ。 沖縄県の日本領領有度は、中国が領有権を主張しており、これをディアオユ(Diaoyu)と呼びます。

近年、尖閣島周辺の海域で中国活動が増加し、日本と中国の間に尖閣島を取り巻く緊張が高まっています。

日本は島を支配しています。 日本政府は、彼らが日本の領土のユニークな一部であると主張しています。 一方、中国と台湾はこれを主張している。

中国は海洋活動を拡大しています。 韓国は2月、海景が違法に領海に入港した外国船を強制的に撤退させ、特定の命令に従わない場合に武器を使用できるようにする方法を制定した。

(このレポートの見出しと図だけがBusiness Standardの従業員によって変更された可能性があり、残りのコンテンツはシンジケートフィードから自動的に生成されます。)

親愛なる読者、

ビジネススタンダードは、あなたが関心を持ち、国と世界にもっと広範な政治的、経済的影響を与える発展に関する最新の情報とコメントを提供するために常に努力してきました。 私たちの製品を改善する方法についてのあなたの励ましと継続的なフィードバックは、これらの理想に対する私たちの決意と約束をより堅固にしました。 Covid-19によって引き起こされるこれらの困難な時間の間にも、私たちは信頼できるニュース、権威ある見解、および関連トピックに関する鋭いコメントで最新情報を提供し、最新情報を提供するために最善を尽くしています。
しかし、要求があります。

ファンデミックの経済的影響と戦っている今、より質の高いコンテンツを提供し続けるために、皆様のサポートがさらに必要です。 私たちの購読モデルは、私たちのオンラインコンテンツを購読した多くのあなたの刺激的な反応を見ました。 オンラインコンテンツの購読を増やすことで、より優れた関連性の高いコンテンツを提供するという目標を達成するのに役立ちます。 私たちは自由で公正で信頼できるジャーナリズムを信じています。 より多くの購読を通じたあなたのサポートは、私たちが献身するジャーナリズムを実践するのに役立ちます。

良質のジャーナリズムを支える ビジネス標準に参加

デジタルパブリッシャー

READ  Goldman SachsはKishidaがPMになると、利益を得る、日本株を選択します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close