トップニュース

中国海軍艦艇鹿児島県近くの日本海域に進入する島々

日本防衛省は、鹿児島南西部の島付近で中国海軍艦艇が日本領海で捕捉されたと明らかにした。

調査船は火曜日午後11時ごろ、グチノエラブ島西側から日本海域に進入し、水曜日午前2時10分頃屋久島島南領海から出航したと国土部が明らかにした。

国防部が昨年11月以降に確認・発表した中国海軍艦艇の侵攻は今回が初めてだ。 日本政府は外交経路を通じて中国に抗議した。

海上自衛隊と日本海景は中国船舶の通行を監視した。

中国船舶は日本の領海に繰り返し入るか、隣接地域、特に日本が統制するが、ディアオイ(Diaoyu)という名前で中国が領有権を主張する尖閣列島近隣地域を航海しました。

南シナ海と東シナ海で中国の軍事力の増加は、これらの地域の国々と摩擦の原因となり、一部の国は重複する領土の主張をしています。

READ  日本が栄養改善のために28億ドル相当の援助を提供

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close