トップニュース

中国海軍艦艇3隻、数日間日本一周

日本防衛省は6月12日から数日間、中国人民解放軍海軍(PLAN)軍艦が日本の周りを回ることが目撃されたと明らかにした。

国防部は声明(PDF日本海上自衛隊は6月29日、宮古島北東に130km(80マイル)を航海し、領有権紛争のある東シナ海に進入する中国海軍艦艇3隻を検知したと明らかにした。

中国計画の2隻の誘導ミサイル駆逐艦であるRenhai級駆逐艦とLuyan III駆逐艦は、6月12日から6月13日まで日本対馬海峡を航海する姿が初めて捕獲されました。

海上自衛隊は6月16日、津軽海峡から東に航海したPLANの国境級普及船1隻を検知し、2隻の駆逐艦は6月16日から6月17日まで宗谷海峡から東に航海した。

船は6月20日、犬崎島から南東に220km(136マイル)、6月21日には伊豆諸島グループの一部である住州と鳥島の間を航海することが目撃されました。

続いて海上自衛隊は伊豆諸島の一部である伊豆大島東側で、海上警備隊のパトロール船やヘリコプターと合同訓練のために6月30日駆逐艦2隻と哨戒ヘリコプターを配置した。

海上自衛隊司令官は「今回の訓練を通じて海上自衛隊の能力を向上させ、海上警備隊と合同対応能力を強化した」と話した。 氏名

中国は南シナ海に駐屯地を構築し、尖閣列島が位置する東シナ海を数回侵攻した。

日本は1895年から尖閣列島を大部分支配していたが、1970年代から北京が尖閣列島に対する領有権を主張し始めたので、大織田王と呼んだ。

6月18日、中国海岸警備隊2隻が尖閣列島沖に進入し、この地域を航海する日本漁船を指した。 中国船舶は6月19日午前11時25分ごろ現地で出航した。

日本も6月17日、中国海軍が領有権紛争海域で新しい構造の土台を設けているという事実を把握した後、中国の東シナ海「一方的開発活動」について抗議した。

フォローする

Aldgra Fredlyは、マレーシアに住むフリーランスの作家で、Epoch Timesのアジア太平洋ニュースをカバーしています。

READ  日本の島の米軍訓練場に反対する市場が再選に勝つ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close