経済

中国管理、米国経済降圧日本「選択的記憶喪失」狙う

Zhao Lijianの写真:VCG

蔵王善中国外交部スポークスマンは1980年代、米国の経済降圧に対する日本の「選択的記憶喪失」と米国に対する「盲目の服従」を狙い、日本と米国が他国の利益を損なう標的を控えるよう促した。 。

アントニー・ブリンケン米国務長官が日米「経済2+2」フォーラムで、中国の強圧的な経済政策が開放的、包容的で、ルールに基づく国際経済システムにずれると両同盟国が信じると話した後の発言だ。 プレスプレス。

Zhaoは、月曜日の定期記者会見での発言についてコメントし、米国とは異なり、中国はオープンと相互利益に専念し、貿易戦争に参加したり、他の国の企業を抑圧したことがないと述べた。

対照的に、米国は経済制裁と技術の封じ込めを課し、外国企業を抑圧して経済覇権を維持するためにできることをすべて行い、これは市場の法則だけでなく国際貿易規則にも違反すると述べた。

最近、米国は日本がサプライチェーン「セキュリティ」のためのさまざまなプラットフォームに加わるように圧力をかけました。 米国と日本は、金曜日の「​​経済2+2」フォーラムを開催し、中国とのサプライチェーンを多様化し、中国との高度な技術競争を強化するために、経済問題に対する両国の戦略的協力を拡大しました。

皮肉なことに、日本自体がアメリカの経済的降圧の犠牲者だとZhaoは言った。

1980年代以降、米国は日本に対して反復的に経済制裁を加え、日本の競争力のある産業をあらゆる手段をすべて動員して抑圧し、日本経済の構造的変化を助長するまでした。

蔵王首相は「日本側がなぜ選択的記憶喪失と盲目的な服従を選択したのかが恥ずかしい」とし、両国が貿易の政治化を中断するよう促した。

蔵王広報担当者は「米国と日本が貿易と技術問題を政治化し、無機化したり、安全保障問題を言い訳に過度に第三者の利益を狙ったり、害を与えることを中断するよう促す」と話した。

グローバルタイムズ

READ  「東京サクラ戦車」命名3年半も定着していない」都電荒川線「前面に出す場合も...」の愛称を与えていた」?:J-CASTニュース[전체보기]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close