経済

中国経済の「国内」

コロナ19危機で世界経済がふらつく時期に、中国は世界経済大国としての地位を再確立するために新たな開発パラダイムに着手しました。 これは2020年7月に政府が発表した「二重流通」という新しい概念を盛り込んだ第14次5カ年計画(2021-25)から明らかである。

これらの発展のパラダイムは、国内流通と国際流通が互いに促進する「二重流通」モデルで、国内流通を中心にしている。 中国は1979年から国内外の市場と資源を最大限に活用して、意欲的な輸出主導モデルを採用しました。 新しいモデルが国内流通を強調することにより、多くの主要な中国の専門家は、中国が輸出主導型成長モデルで内需主導型の経済に移行する計画であることを悩み始めました。

中国は世界貿易の主要メーカーでした。 したがって、輸出志向の国内主導モデルへの転換は、世界貿易、他の国と自己を妨害することです。 次に、中国はなぜ国内流通を提案しましたか?

中国の輸出は、世界的な金融危機(2007-2012)の間に大きな打撃を受け、成長を促進するために内需に転換したが、2013 – 14年ごろに再び輸出指向になりました。

「家」バウンド

伝染病が世界経済をどのように破壊しているかどうかを検討する際に、中国は、おそらく再び内側を見つめていた。

Covid-19の出現で、2020年4月WTOは世界貿易が13〜32%減少すると予測しており、現在の状況では、32%に近い可能性があります。 Covid-19の拡散に多くの国が再開を遅らせ、一部の国は、脆弱な人口を保護するために部分閉鎖を復元しています。

過去数年の間に増加する、米中貿易摩擦は、中国の輸出に打撃を加え、中国が内需に転換して「国内流通」を奨励させた。

これは、再び失業問題を解決し、社会的統合を保証します。 しかし、より分析的な観点から見れば、中国は2006年に輸出が頂点に達し、GDPの35.4%を占め、2020年4月には17.7%に低下しました。 https://www.statista.com/aboutus/our-research-commitment)。 これは、2006年に製品の3分の1以上が海外で販売されていることを意味します。

言い換えると、2020年までに、中国の生産量の82.3%が、新しいパラダイムの提案が設定される前に、国内で吸収され、流通しました。 次に、変化の原因は何ですか? 経済学の基本法によると、中国のような大規模な経済の場合、製品のより高い割合が国内流通に吸収された。 また、比例的により大きなサービス部門と、より高い非貿易部門は、中国内の国内流通でGDP(53.3%)の割合が高いことを示しています。

中国の利点は、製造部門をより現代的で生産的にする、大規模な経済を達成したことです。 国内吸収率が低い小規模経済は産業部門を開発するために、必ず輸入に依存する必要があります。

経済が大きいほど、国内の吸収能力が大きくなります。 2019年にシンガポールの輸出はGDPの104.9%を占め、台湾の輸出は53.9%でした。 対照的に、中国の輸出は経済規模を反映して、2006年ピークに過ぎない35.4%に過ぎなかった。 現在、世界で二番目に大きい経済、中国は国内の吸収能力がはるかに多いのです。 このような観点から見れば、中国が新たな開発パラダイムを採用することは当然のことです。

2008-09年頃の輸出は、米国と日本のGDPの11.1%と12.6%に過ぎなかった(Statista)。 2019年、米国は11.7%、日本は18.5%に増加しました。 https://data.worldbank.org/indicator/)。 したがって、両方の主要な経済の国内消費は、生産の吸収に重要な役割を果たしています。

もう一つの重要な要素は、サービス部門が米国と日本のGDPの70〜80%を占めるのに対し、中国は53.6%に過ぎないということです。

サービス部門は、本質的に取引できないため、ほとんどの国内市場で活用されます。 これ経済のサービス部門の比率が高いほど、GDPに輸出比率が低いということを意味します。 現在、中国のGDP比輸出額は17.65%(Statista)に近いうちに11%に低下することがあります。 したがって、現在の状況では、中国政府と政策立案者が「二重循環」を新たに開発パラダイムで採用する必要がある明確な事例があります。

作家はIIFTの前シニア教授であり、現在デリーにあるLal Bahadur Shastri経営研究所の教授です。

READ  レノボYoga 9i発表した。 4K対応2-in-1の新モデル14インチは、次世代Core搭載 - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close