トップニュース

中国船2隻尖閣列島沖合日本領海進入

日本海岸警備隊の管理者たちは、中国政府船舶2隻が東シナ海尖閣列島付近の日本領海に進入したと明らかにしました。

関係者たちは船舶が日本時間で火曜日午前4時10分頃、宇都里島沖に進入したと話した。 彼らは船舶がその地域で操業中の日本漁船に接近しようとしたものと見られると付け加えた。

管理者たちは午前4時20分現在、中国船舶が宇宙島から南西に約20km離れた日本海域を航海していると伝えた。

日本パトロール船は漁船の安全を確保するために漁船の周りを巡航しており、中国船舶はすぐに日本領海を離れることを要求している。

中国政府船舶が日本領海に進入することが目撃されたのは今年に入って11回目だ。 最新のケースは6月18日でした。

日本は尖閣列島を支配している。 日本政府は、これらの島々が日本の領土の固有の一部であると主張しています。 中国と台湾が主張しています。

READ  瀬戸ダイヤ現在「家に家に帰ることができない "隠遁生活(週刊女性PRIME) - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close