中国軍の新聞は、日本が新しい沖縄ミサイル部隊で「明らかな攻撃的特性」を見せていると報じた。

Estimated read time 1 min read

これは日本が「この地域の様々な海峡に入って来る競争船を遮断したり、さらに攻撃することができることを意味し、これは明らかな攻撃特性を示す」と述べた。

また、連帯の「戦闘能力を過小評価してはならない」と警告した。

記事には次の内容が追加されました。[Tokyo’s] 加速された武器の拡大はますます「平和主義憲法」の原則から外れています。

c日本が採用した制度 第二次世界大戦で敗北した後、紛争を解決するために戦争を明確に放棄し、軍隊は純粋に防御的でなければならないと述べました。

03:07

「沖縄米軍基地不可避」:米軍駐屯に対する日本の認識変化

「沖縄米軍基地不可避」:米軍駐屯に対する日本の認識変化

琉球諸島の近くの海域は、空母グループを含む中国海軍が訓練のために西太平洋への通路としてよく使用されます。

記事は「最近数年間、米海兵隊の一部がグアムに移転し、日本の自衛隊の南西側に配置された比重が急激に増加したことが分かった」と明らかにした。

続いて日本は防御的役割を「積極的に転換」しており、「いわゆる「共同抑制」の使用を繰り返し主張した」と明らかにした。

中国は台湾が自国の領土であり、台湾を制御するために武力の使用を放棄したことがないと述べた。 日本と米国を含むほとんどの国は台湾を独立国家として認めていません。

PLAデイリーの批判は、日本の「持続的な軍事的突破」が「危険な意図」を示すことであり、国際社会はこれに警戒しなければならないと言った中国国防部の先週同様の声明に続いたものです。

日本は以前、この地域で中国の軍事活動の増加を「戦略的挑戦」と描写しており、新しいミサイル連帯は琉球諸島で「抑制および対応能力」を強化するために設計されたと述べた。

沖縄支店、墓地訪問と中国の歴史的関連性追跡

別のPLA新聞であるチャイナ・ディフェンス・ニュース(China Defense News)も先月曜日、日本の「強化された南西部配置」について警告し、観光島の連帯部隊が日本南西部海域を統制する「ミサイル攻撃ネットワーク」を形成すると述べた。 。

日本公営放送NHKによると、新設連帯は「日本南西部地域防衛の中心役割」を行うと予想され、近隣の宮古島、石垣島、奄美大島の地帯艦ミサイル部隊を指揮する責任を担うことになる。 これはすべてチェーンの一部です。

日本の最も先進的な艦隊地ミサイルであるトラック搭載型Type-12を搭載する予定だ。 3月30日の最初のミサイル配置記念式で、オニキマコト国防賞は、沖縄が国家安全保障において「非常に重要な」場所だと述べました。

READ  サッカーマラドーナ他界 "5人の事情」などの伝説のプレイ - NHK NEWS WEB
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours