中国BYD、第3電気自動車モデル日本発売

1 min read

中国BYDが日本で第3電気自動車を発売したと火曜日に明らかにした。 このセダンは、消費者が長い間国内ブランドを好んできた市場でこれまでで最も高価なモデルになるだろう。

宣伝に本社を置く自動車メーカーは、火曜日から日本で自社の主力製品であるSeal EVの注文を受け始めたと明らかにし、日本内後輪駆動バージョン車の推奨小売価格は528万円(33,111.75ドル)に設定されています。

このモデルは中国で179,800元(24,759.70ドル)から始まります。

Build Your Dreams(ビルド・ユア・ドリームズ)の略であるBYDの日本進出は、中国でBYDをはじめとする中国の電気自動車ブランドと対戦している国内自動車メーカーには悩みになることができる。

自動車メーカーは日本市場向けにバッテリ駆動車のみ発売したが、中国で大きな役割を果たしているプラ​​グインハイブリッドなど他のパワートレイン技術が適用された車両は発売しなかった。

BYD Auto Japanの東福寺敦司社長は、東京渋谷地域で開かれたシール発売イベントで、BYDの日本国内販売が昨年に比べて4~6月ある程度弾力を失ったと述べた。

もっと読む

Fahad Mustafa、Hania Aamirと小さな画面に戻る

ショーンペン、シングルライフの楽しみを発見:「毎日ときめく」

ベン・アフレック、J.Lo離婚推測の中で結婚指輪なしで退場

彼は4月に始まった事業年度に、会社のモデルに該当する日本政府の電気自動車補助金が大幅に削減され、販売が鈍化したと記者たちに語った。

ハブコ子会社、中国BYDと電気自動車事業に参入

同社は、プレスリリースで1時間あたり82.56kWのバッテリーパックを搭載した後輪駆動バージョンと前輪駆動バージョンを日本で提供する予定だと明らかにしました。

後輪駆動バージョンの航続距離は640km(398マイル)であり、605万円四輪駆動バージョンは1回の充電で575kmを走行できる。

BYDは昨年日本でアト3とドルフィンEVを発売し、2023年2月に横浜に初の日本代理店をオープンした後、約2,500台を販売した。

日本では、毎年少なくとも1つの新しいモデルをラインナップに追加する計画だと明らかにしました。

READ  日本PR代理店ShapeWin、北米支店開設
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours