エンターテインメント

中国Zou Jingyuan、五輪男子体操で平行棒、日本のDaiki Hashimotoスピョンボン優勝

東京 – 中国Zou Jingyuanは東京オリンピックで平行棒の金メダル16.233点で有明体操センターで開かれた9日間の試合中のすべての体操選手の中で最も高いスコアを受けました。

Zouは16.166点で予選1位を占めたが決勝戦で、より高いスコアを受け、火曜日に金メダルを獲得し、先週チーム大会で獲得した銅メダルとしました。

ドイツLukas Dauserが15.700を記録して銅メダルを獲得した、トルコのFerhat Aricanをすぐに追い越し銀メダルを獲得しました。

第三のオリンピックに出場したアメリカ人Sam Mikulakは8人の決勝戦で6位をしました。 28歳のMikulakは6つの米国のタイトルを獲得したキャリアを終え引退します。

総合チャンピオン橋本大樹(Daiki Hashimoto)は、水平バーで高い飛行ルーチンで日本のもう一つの金メダルを獲得し、東京オリンピックの芸術体操プログラムを仕上げました。

先週の男性総合大会で優勝した橋本は、日本で内村公平(Uchimura Kohei)の黄金足跡を伴うことを歓迎しました。 彼は予選で水平バーで倒れてホームゲームでメダルの期待が早期に終了しました。

橋本の火曜日の勝利は、東京で金メダル2個と銀メダル1個仕上げた後、彼の名前をさらに輝かせて行うことです。

Hashimotoは15.066点で14.900点で銀メダルを獲得したクロアチアTin Srbicと14.533点で銅メダルを獲得したロシアのオリンピック委員会のNikita Nagornyyを上回っています。

AP通信とロイターは、このレポートに貢献しました。

READ  100年後にもまだ平和で穏やかな箱根ガーデン

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close