スポーツ

中日吉見引退落合黄金期不動のエース…まもなく発表 – プロ野球:日刊スポーツ

中国、日本、吉見が一緒に(2011年10月19日撮影)

中日吉見一起投手(36)が今季限りで現役を引退することが10月31日、分かった。 すぐに球団から正式発表される。

10年と11年はエースとしてリーグ優勝を牽引。 12年までの5年連続で2桁勝利を収めたが、最近では、故障に苦しみ、15年目の今季、1軍先発4試合で1勝2敗。 落合監督時代の黄金期をサポート右腕が制服を脱ぐ。

◇◇◇

中日の黄金期を支えた吉見が、最終的にユニフォームを脱ぐ。 落合監督の下でリーグ連覇した10年と11年はエースとして大奮闘。 通算90勝を記録するなど、一時代を築いた右腕が現役に別れを告げることに決めた。 すぐに球団から正式発表される。

京都出身で金鉱大阪を経て05年にトヨタ自動車から目的のフレームで中日に入団。 08年に選抜及び中継両輪で10勝10ホールドを聞い頭角を現わした。 2009年から先発定着して16勝で最多勝のタイトルを獲得した。 11年には自己最多18勝で最多勝と最優秀防御率をダブル受賞中日の最後のリーグ優勝を牽引した。 ここでは、肩と肘の故障に苦しんで12年13勝を最後の2桁勝利から離れていた。

「ダメなら終わり。誰のためにするのではなく、自分の野球人生がかかっている。」 15年目の今季は、不退転の決意でシーズンに臨んだ。 キャンプでフォーム改造に着手。 巨人カンノグァ同様上体を前に発射するスタイルに変更ナンバープレートの位置もルーに向かって変えるなど、他の花を期して試行錯誤した。 努力が実開幕ローテーションに入りましたが、3試合1勝2敗パーム落ちた。 再び上昇した9月13日DeNA戦(横浜)も5回途中2失点で鋼板2軍調整が続いていた。

今季は大野雄大投手がエースで完全に覚醒して福谷浩司投手が先発の素質を開花。 2年目勝野昌慶宮投手をはじめ、移籍組の松葉、新外国人ヤリにルー・ロドリゲス投手が先発フレームを埋め尽くしたこともあり、活躍の場が減少した。 関係者によると、他球団移籍も模索したが、最終的には引退を選択したという。

引退後は球団を離れ評論家活動など、インターネットの後ろ野球に従事する予定だ。 引退試合は、名古屋ドームで6日、ヤクルト戦有力視される。 強度のの象徴だった19番がファンに最後のユーザーを送る。

◆吉見一起(よしみ・かずき)1984年(昭和59)9月19日京都生まれ。 金鉱大阪でのトヨタ車を経て、2005年希望のフレームで中日入団。 2008年から先発台頭して、2009年には16勝で最多勝。 11年18勝で最多勝、防御率1・65で最優秀防御率2冠に輝き、リーグ優勝に貢献した。 肩、肘の故障、手術などの影響で二桁勝利は12年の13勝最後。 オールシーズン先発4試合で1勝2敗。 通算成績は222試合、90勝56敗、11ホールド、防御率2・94.182センチ、90キロ。 右投げ右打ち。

READ  セルジオ・ペレスレッドブルホンダF1移籍の可能性が再浮上[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close