中東危機:ハマスが休戦の立場を変えると、イスラエル、ラパに対する攻撃強化

Estimated read time 1 min read

イスラエルが7ヶ月間の戦争を避けて避難所を探しているパレスチナ人100万人以上がここになった都市の一部地域に避難命令を出した後、月曜日に行くと南ラファに恐怖感が包まれました。

注ぐ雨の中で、人々はテントを撤去しました。 燃料と食料価格が急上昇しました。 そして、一部の人々は、戦争地域を通過する旅行のリスクに備えて、潜在的なリスクに重みを置いた。

家族と共にラパで避難所を探しているガザシティ居住者ニダル・クハイル(29)は、「私たちが去らなければ、私たちは未知の世界に入ることになるだろう」と話した。 「私たちが行く場所がありますか? テントを打つ場所を見つけることができますか?」

彼のテントはラパの保護区域ではなく地域にあります。 避難コマンドしかし、彼の家族は依然として不安に包まれ、今後どのようにすべきかを見て意見が分かりました。

戦争前ガザシティのあるタイの飲食店でマネージャーとして働いていたクハイル氏は「「早く出よう」という人もいて「少し待つ」という人もいる」と話した。

パレスチナ難民を支援する国連機関であるUNRWA現場の従業員は、月曜日の時間に約200人が主要出口経路を通じて避難区域を脱出していると推定したと過去2年間、救援機関の企画責任者であるサム・ローズが語った。 行こうから数週間。

休戦会談の進展が報告された週末の間、ラパの雰囲気は希望的だったとローズ氏は言いました。 しかし、イスラエルが都市東部地域に避難を命じた後、これらの楽観主義は至る所に蔓延する恐れと不安に変わりました。 これは、イスラエルがガザ地区のハマスを解体しようとすると、計画された地上侵入を進めることができることを示しています。

ラパの多くの人は行かなければならないことを知っていましたが、どのように管理するべきかわからなかったと言いました。

ムサ・ラマダン・アルバハブサ(55歳)は、ラパのアルナズマ広場近くのUN学校に建てたテントの中で11人の子供と一緒に避難していました。 彼らは10月に戦争が始まってから3回引っ越したと彼は言いました。

避難命令が下された後、学校に住む人々は衝撃に包まれたままお互いを見つめるだけだったと彼は言いました。 その後、多くの人が物を包み始めました。 しかし彼には去るお金が足りなかった。

私の周りの人々はすべて避難しています。 戦争のせいで一杯も失ったとアルバハブサは言った。 「どこに行くべきか、誰に助けを求めるべきかわからない」

ラパを離れるには費用がかかるとそこでインタビューしたパレスチナ人が月曜日に語った。 イスラエル軍が人々に10マイルもならない地域に移動するように言っているが、都市外にタクシーに乗ると260ドル以上がかかり、小型自動人力車に乗って去ればその半分がかかる。 ロバが引くワゴンの価格は約13ドルですが、それさえも多くの人にとっては高すぎます。

この命令によって価格も急上昇したとラパに住むパレスチナ人は言った。 燃料費はリットル当たり8ドルから12ドルに上がり、砂糖のような基本食料品コストも3ドルからキログラム当たり10ドルに上がったと彼らは言った。

アル・バハサはイスラエルとガザで使用される貨幣に言及し、「私は1シェケルもいない」と述べた。 「私はすでに家を失っていますが、子供たちの誰も失いたくありません。」

村の向かいで、38歳のマラク・バーバッハは夫が持ち物を手に入れている間に8人の子供を集めようとしていました。 しかし、彼女の大きな息子は、長い間ラパに隠れて、ラパを去りたくないと言った後、どこにも逃げたと彼女は言った。

「私を最も恐れることは不明です」とBarbakh氏は言いました。 「私はこの汚い人生にとても疲れました。」

彼女は仕事をしやすくするために、家族がカン・ユニスの街の家に帰るつもりだと言いました。 家がなくなったのはわかるけどね。

「私は私たちの家の残骸の上にテントを建てることができることを願っています」と彼女は言いました。

避難命令はマフムード・モハメド・アル・ブルデイニ(26)に衝撃を与えた。 彼は、イスラエルが休戦会談でハマスからより良い取引を得るための虚勢としてだけラパ侵攻のアイデアを使用していると考えたと述べた。

これは、彼がラパ南東部にある彼の家を去る計画が全くなかったことを意味しました。 しかし今、彼は危険が現実であると感じ、朝を通して近所の人々が逃げるのを見ました。

戦前にタクシー運転手として働いていたアル・ブルデイニ氏は、「トラック、バン、車でいっぱいのビーチフロントの長い道路を見ました」と話しました。 彼はその光景を見て「他の人のように去る病気に感染したような」感じを受けたと言いました。

それで、アル・ブルデイニ氏と彼の妻は持ち物を手に入れ、最悪の状況に備え始めた。 彼らは家のドアを取り、避難所として使用できることに気づきました。 そして家具を分解して薪として使用することもできます。

さもなければ、アル・ブルデイニ氏はすべてが略奪されるか、空襲で瓦礫の下に埋められることを恐れていた。

彼は「ガザシと北部の住民に起こったことがラパで再び起こるのを見たくない」と話した。 「家族全体が本当に心配です。」

READ  ガザ地区救援船、キプロスから出発すると予想
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours