中田監督、彼の最新映画で「Jホラーを超えて」目標

Estimated read time 1 min read

中田英雄監督は1990年代後半、日本をさらった恐怖映画ブームで名前を知らせたが、最近作「森の中の森」はジャンルを超越することを目指している。

中田は1998年にクラシック「Ring」と仮名になり、2020年には「Stigmatized Properties」としてヒットを記録しました。

現在、全国上映中の彼の新作は、田舎の農家ジュンイチが息子和也を訪問することから始まる。 上原健信が演じた少年は、東京から来た母、淳一の元妻と共に暮らしています。 相葉雅紀が父役を引き受けた。

村が疑わしい死と住民の行方不明に苦しんでいる間、仕事は急速に進みます。

純一と和也は近くの森で恐ろしい「それ」を目撃する。

監督は「最近、私の映画に対する評価を見ると、昔のJホラー映画を見たいという人が多いことを知ることになった」と話した。 「しかし、それから四半世紀が流れました。 「J-hororの残骸に依存するスタイルで映画を作るべきかどうかはわかりません。」

長髪の鬼貞子のような恐怖の主原因ができるだけ見えないのがジャンルの特徴だ。

中田は「最低で、じっくり見せながら観客に恐れを与えたが、今は別のことをしなければならない」と付け加えた。 「私がそう言えるなら、それはすべて「J-ホラーを超えて」についてです」

READ  「アキラとアキラ」、デュオの難しさを克服…
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours