トップニュース

中西宏明前に日本のビジネスロビー局長75歳死亡

日本企業の長年の慣習を改編する努力でよく知られている中西宏明前、日本の最も強力なビジネスロビー会長が死亡したと木曜日消息筋が明らかにした。 享年75歳。

大企業日立の前会長である中西は先月リンパ腫の治療に集中するためにケイダンレン(Keidanren)で知られた日本企業連盟の第14代会長に退いた。 彼は日曜日に死亡したと消息筋は明らかにした。

Nakanishiは、病気の再発のために2020年7月に入院したが、引き続き働きKeidanrenと政府の経済と財政政策に関する民間部門のメンバーを含むオンライン会議に参加しました。

Nakanishiのリーダーシップに基づいてビジネス連盟は2018年10月に、若くて才能のある労働者のために、日本で運営されている外国企業との競争が激化する中で採用の柔軟性を高めるために、新しい大学の卒業生、企業の採用の数十年されたガイドラインを廃棄しました。

ガイドラインによると、Keidanrenメンバーは3年生を対象に、3月に就職オリエンテーションを開始し、4年生になる同年6月に就職の面接を含むボランティア審査プロセスを開始することができます。

正規職は10月から提供していますので、新入社員は3月卒業後、次の年の4月から就職することができます。 日本では、多くの企業が4月に事業を開始します。

Nakanishiはまた、長い間、大企業が支配していたビジネスロビーを有効にするために、より多くのスタートアップが連合に加入することを奨励するために2018年11月に会員資格要件を緩和しました。

ケイダンレン族長4年の任期は、2018年5月榊原買っゆきの後に続いて頁岩との戦いで傷を負った。

2019年にNakanishiは、治療を受けるために数ヶ月仕事を休みました。 医師はその年の11月に彼の私道と宣言したが、彼の腫瘍マーカーの数値は、2020年の夏に再び急増しました。

READ  九州台風10号の6日〜7日の特別警報級の勢力からのアクセス最大級の提供を(日直予報士2020年09月04日) - 日本気象協会tenki.jp

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close