sport

丸山桂里奈ジェン言い訳に本並氏「会社または “爆笑結婚会見 – 結婚・熱愛:日刊スポーツ

びっくり結婚式で一夜明け、ウェディングドレスとタキシード姿で会見し、記念写真に収まる本並健二氏(左)と丸山桂里奈(撮影菅敏)

元サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」FWタレント丸山桂里奈(37)と元サッカー日本代表GK本並健二氏(56)が電撃結婚発表で一晩、6日、都内で報告会見を開いた。

まず本並氏が「今日はお忙しい中、コロナ災害の中で、多くの方が来てくださって、本当にありがとうございます」と挨拶すると丸山はなぜ本並氏の方を向き、「ありがとうございます」。 一瞬を掘り爆笑会見が始まった。

一晩の感想を支持丸山は「本当にうれしい。昨日は、今日のようで、今日のか昨日のか分からないくらいうれしい。興奮している。知ることができますか?この気持ち」と反対質問する本並氏は「タイトルを今知っている明日の見出しが。丸山節どうのこうのと」と笑顔で突進するなど夫婦で呼吸が合うところを見せた。

交際開始は今年1月頃だった。 自然発生的であったと、本並氏は「「付き合っている? “と言ったら(丸山に)「か」と返し「結婚を前提にと口にしていなかったが、お互いの年齢的にも結婚を意識していたという。 特に、8月中旬からそんな感じが強くなって、今月4日にゴールインされた

現役時代のポジションはFWとGKが恋愛においては、両方のFW。 誰ゴールをしたのか問われる本並氏は「私はゴールをしたくないので、ニュアンス的には難しい」と苦笑しながら「(11年)W W杯ドイツ戦のようなゴールが決まったことだから」とマルヤマウル立てた。

本並氏は妻が好きな場所の一つで料理上手を聞いた」ビーフシチュー作ったところで話を出てきたのが豚シチューだった」と丸山特有の大歩危エピソードを “暴露”して笑いを誘った。 丸山は「 “ビーフシチュー”とシチューの代表者の名前だろうかと考えた」と言い訳すると本並氏が「会社?」と突っ込まなど19歳差ながらも夫婦漫才を連想させる会見がした。 【佐藤性】

○…丸山と本並氏は5日のイベント「東京ガールズコレクション」にサプライズ登場し、結婚を発表した。 二人は女子サッカークラブ「スペアと次大阪高槻」12〜16年までの選手と監督の関係であった。 丸山は16年11月に現役を引退本並氏も同年12月に監督を退任。 そのような大手芸能事務所に所属し、イベントを一緒にしたり、食事に行くなどしていたという。 婚姻届は4日、都内区役所に提出した。 丸山は初婚で本並氏は再婚した。 丸山は妊娠していなかった。

READ  カズ記録更新俊介がアシスト/川崎F戦・速報の詳細 - サッカーライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close