エンターテインメント

乃木坂46の後輩を何度も救ってきた白石麻衣安定感 – 坂道:日刊スポーツ

乃木坂46の多元桃子(左)と白石麻衣

<닛칸 스포츠 · 컴 / 연예 번 기자 칼럼>

乃木坂46白石麻衣(28)が今月28日に開かれる配信ライブを持ってグループを卒業する。 人気のある、知名度の面でも乃木坂46に功績が計り知れないレジェンドメンバーが、「後輩に安心感」も大きくグループに貢献した。

白石ものが大好きで、工事の両方親しい後輩だ元桃子(21)は、白石もたらす安定感に保存されてきた1人である。

今年1月には、白石の卒業発表を受け、更新され、ブログは「いつも助けてくれました。良くないことに注意してくれました。ご飯に連れて行っていただくか、洋服中古品も受けました」と感謝を伝えた。 昨年大員が体調不良で活動休止していた時期を回想し、「もうやめたほうがいいと思っても、心配してくれてしまわないでご飯に招待していただきました」と明らかにしたファンの間でも話題になっていた。

新型コロナウイルス感染の拡大を受けて、白石卒業一度延期された。 不安もあったのだが、外出自粛期間も後輩に従うていた。 「白石さんが卒業しまうと、続けて自分がありません」という大園に「まだ桃子はできていて、大丈夫。桃子は、このようなところがいいから、こんなみると?」と激励したという。

大園は乃木坂46の中でも、今後の活躍を期待している若い1人である。 鹿児島曽於市出身で方言方言が特徴である。 アイドル界で最も純朴を持って乃木坂46の個性の幅を広げる貴重なメンバー。 今年6月に放送された「乃木坂46時間TV」ではソロ企画から内側ハナコの「変わらないもの」を歌って透明感のある声でメンバーを涙させた。

大園は白石から「大丈夫」という言葉に何度も支えられ、「勇気が持つことができ、未来が明るくなりました」と述べた。 アイドルという舞台では大変な仕事でメンバーたちは悩みも多い。 白石の言葉、将来のグループをサポート若者を救うという事実が明らかにだけではない寄与の高さを示している。[요코야마 사토시]

READ  庵野初監督作「トップをねらえ!」全6話一挙劇場公開 - AV Watch

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close