エンターテインメント

乃木坂46堀澪ナナ “特別な”卒業発表セーラー服を脱いで “1で演劇を」| ORICON NEWS

 乃木坂462期生・堀ミオナナ(24)が27日、ソロ曲「冷水」のミュージックビデオ(MV)で異例の卒業発表後、自分のブログに戻って経緯を報告した。

堀は「応援してくださる皆さんに」というタイトルのブログに「26枚目のシングル “私は私を好きになる」の活動を持って、乃木坂46を卒業し」と改めて伝えたうえで、「卒業のは以前から考えて、スタッフも何度も話を重ね、時期が決定されたのは、夏頃でした。 そしてメンバーは、今回の選抜発表前に、あなたはこの時期にお知らせしますしました」と報告した。

同日発表したのは、「11月27日私に特別な日。 今から7年前の2013年11月27日に初めてセンターを務めていただいた初先発参加曲「バレッタ」発売日です」と理由を説明した。「登録半年右も左​​もわからない研究した私は突然センターを務め、何度も圧力に押されてところし逃げたいし辛かったが、ファンの皆さんが励まし応援してくださって、メンバーが支えてくれて16.17歳流し多くのことを学ぶ時期です」と7年前に振り返った。

アイドル人生は楽しかっただけではなかったといい、「現実の困難を多く目撃しました。ありのままの自分で立っているので、自分の体が削られていく感覚も多くあった様々な葛藤が毎日ありました」と内心を吐露。 それでも「私の青春は確かに乃木坂46であり、乃木坂46に入ることができて、本当に良かったです。本当にラッキーガールだと思います」と総括した。

卒業後は、「1から演劇をしたいと思います。」と伝え、「この夢に会ったのも、様々なMV撮影で複数の監督に会って、映画やドラマにも経験させてくれて、今の私は1番やりがいを持ってぶつかされているんだなと確信したからです。表現も表情も、すべてがまだ勉強途中に弱い意識さえまだありますが、継続的に開発したいと思っ克服たいと思います」と決意を新たに。 「多くの人に何かを提供することができる人になりたいです。これは、乃木坂46にあるときと変わらない心。乃木坂46で学んだ素敵な思い出を胸に、来年から新たな一歩を踏み出したと思います」とつづった。

物足りなさに「弱い意識のある歌を楽しく歌って終わりたかった」「好きなダンスをさらに増したかった」「応援してくださるファンの皆さんに何かを与えるしたかった」と3つあげたが、卒業発表したソロ曲「冷水「MVを自分の初主演映画「ホットギミック女性満たしボーイ」(2019年)でメガホンを取ったヤマト結希監督に撮影してくれることで、すべての夢を成し遂げた。 この曲のMVトレンチは、自分が中心を務めたシングル「バレッタ」セーラー服衣装で歌って踊り、最後にセーラー服を脱いで卒業を発表する。

堀は2013年5月乃木坂46 2期生として参加します。 まだ研究した同年10月に7thシングル「バレッタ」センターに大抜擢された。 17年から女性ファッション誌「ar」レギュラーモデルを務め、初主演映画「ホットギミック女性満たしボーイ」で「第22回上海国際映画祭「優秀女優賞を受賞した。 具体的な卒業時期は決まり次第報告している。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」


READ  天国に去ったク・ハラ、すべて発端となった昔のボーイフレンドとの暴行事件で2年 - DANMEEドッキング

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close