スポーツ

久保建英、EL3アシスト目の活躍を海外記者賞賛 “エメリーはなぜベンチに置くか理解している」| Football ZONE WEB /サッカージョンウェブ

ビジャレアルMF久保建英チームを勢いづける2点目をアシスト[사진 : AP]

マッカビ戦でアシストを含む2得点に絡む活躍を見せビジャレアルの攻撃を強力に牽引

ビジャレアルの日本代表MF久保建英は現地時間5日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)第3節マッカビテルアビブ(イスラエル)戦でアシストを含む2得点に絡む活躍で4-0の勝利に貢献した。 スペインの記者も「ウナイ・エメリはなぜ竹・久保をベンチに置くことができないかを理解している」と高く評価している。

ビジャレアルのホームで開かれた試合は、試合開始前に豪雨でピッチが浸水され、整備キックオフ1時間遅れ、事故があったが、EL3試合選抜された久保に影響はなかった。 4-4-2の右半分に攻撃を強力に牽引していく。

ビジャレアルは前半4分にコロンビアの代表FWカルロス・バカのゴールで1-0とすると旧見るが14分、右サイドからペナルティーエリアに侵入してMFアレックスところ出てワンツーで左足シュートもミットできず。 前半37分にはバカにくさびを入れて走って戻りを受けようとしたが、コントロールが乱れて仕上げは持ち込むことができなかった。 それでも久保はあちこちに局面に顔を出してリズムを作った。

久保に見どころが訪れたのは後半06分、ペナルティエリアの前の右側でボールをキャッチファーサイドの馬鹿にクロス。 このコロンビアの出身ストライカーが相手GKとのもつれながら入れ追加点。 今回の大会第三アシストがついた久保も笑顔が見えた。

その後も久保はビジャレアルの攻撃を牽引。 後半15分、右サイドからのスローインを受ける素早く前線に正確なパスでバカのシュートを演出して、同26分には右サイドから相手のボール奪取したクボウル起点としてバー年齢バカのヒールパスを流し網を振ってリードを3点で広げた。 ビジャレアルは終盤にも追加点を奪い、4-0で勝利を飾っている。

衛星「FOXスポーツ」スペイン語版レポーターを務めるラオルー・オルティス氏は、自身のツイッターに「ウナイ・エメリはなぜ竹・久保をベンチに置くことができないか、すでに理解しているのだ。 亀裂 “との記事。リーグ開幕6試合でベンチスタートさせた久保はすでに先発起用ずっと結果を残していると主張している。

ELは3試合ですべて1ゴール3アシストを記録しており、この勢いを維持しながら、ゴールをアピールしていきたいところである。

READ  [재팬 C]C.メールライダー "アーモンドアイに乗るときは、常に特別な '/共同会見|競馬ニュース - netkeiba.com

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close