スポーツ

久保建英のような19歳「J屈指の道理ブラ」斉藤光毅の「キャンセル力」は[벨기에 이적]- Jリーグ – Number Web

近い将来の日本サッカーを担うものであることには間違いないタレントがまたひとり、ヨーロッパで自分を磨く。 横浜FCの斎藤光毅ベルギー2部ロンメルSKに完全移籍になったのだ。 シーズンJ1リーグ終了後の旅行になる。

19歳という年齢と自分の可能性を考慮すると、ベルギー2部での欧州挑戦は少し珍しく映る。 ただし、ロンメルはマンチェスター・シティを筆頭に多数のクラブを持ってシティフットボールグループ(CFG)の傘下にある。 ステップアップを確定することができるクラブだと言えるだろう。

横浜FCの育成組織出身の斎藤は久保建英のような2001年生まれである。 18年3月に高校2年生で最高の選手として登録され、同年7月にJ2リーグにデビューした。 クラブJ1昇格を勝ち取った19年のシーズンJ2リーグで29試合出場6得点を記録した。 J1の戦いの舞台が移っ今シーズンは28試合消化時点で26試合に出場、3得点の数字を残している。


年齢別の国際大会にも出場してきた。 17年U-17ワールドカップ直前の負傷で出場を逃した昨年U-20ワールドカップには、チーム最年少17歳で飛び級選出された。 現在もU-19日本代表候補に名を連ね来年開催U-20ワールドカップ出場を狙うチームで中核を担っている。

Jリーグでも有数の道理ブラの可能性を自分の個人的なコーチを務めている中西哲夫氏申し上げます。 久保建英(ビジャレアル)と中井卓大(レアル・マドリード・カスティージャ)の成長に関与した中西さんは今年1月から斉藤のレベルアップを支援している。

◆◆◆

サイドを問わず、「ドリブルで突破することができる」はなぜ?

斉藤光毅プレイで最初に触れないで下さいはやはりドリブルことです。

道理ブラという選手の典型的なプレーは、タッチラインを背負いながらの装置です。 彼はそこでさらにゴールラインに沿ってドリブルで突進していくものもある。 相手ゴールのすぐそばまで単独で侵入することはストロングポイントの一つとなっています。 スペイン語で「レガて」と言う突破ドリブルです。

彼は右利きだが、どちらからでも突破ます。 さらに、二つの側面から左右両側に抜けていく。 横浜FCもサイドを選ばず、決定的なシーンを作成しています。

そのドリブルを表現するなら、「繊細なタッチ切れ味が鋭い」です。 また、加えて、交渉がおいしい。 相手の反応や状況を確定して、自分の長所を出すことができる局面を作り出しているが、ポイントは、「自分のプレーを決定する」ことです。

[다음 페이지]同世代の久保建英に刺激を受け、……

READ  誘導 - 新井、女性-70kg金メダル獲得、日本のメダルラッシュを維持

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close