スポーツ

久保途中出場の存在感を魅了終了直前バー直撃FK – 日本代表:日刊スポーツ

日本対カメルーン後半ドリブルで突破を図る久保(右)(撮影・PNP)

<국제 친선 경기 : 일본 0-0 카메룬> ◇9日◇ユトレヒト

[위트레흐트 (네덜란드) 9 일 = 에리누 · 스웨이 부르스 통신원]オランダの遠征中の森保ジャパンが、今年初の実戦となる親善試合でカメルーン(FIFAランク53位)と対戦0-0の引き分けに終わった。 ベンチスタートMF久保建英(19)は、後半20分から出場して2シャドウの一角に再生します。 ゴールこそなかったが、終了間際にバー直撃のFKを放つなど存在感を誇示した。

◇◇◇

新型コロナウイルスに揺れる情勢の中で、日本代表久保建英も再起動一歩を踏み出した。 最大の見所は後半ロスタイム。 ペナルティーエリア右でFKを得る短い助走で挫折せずに左足を横に振った。 カーブがかかったボールはバーを直撃。 思わず空を見上げ。

代表シャツに袖を通すのは、昨年10月にW杯2次予選、タジキスタン戦以来、約1年ぶりである。 コロナ災害の中で史上初の欧州組でAマッチ記録した。 久保は「多くの人の協力があって開催することができる。恩返しではないが、自分たちの結果と内容に回していくことが一つの義務になるだろう」と気合を入れて後半20分ピッチに立った場合、2シャドウの一角に。 後半39分には左サイドの奥深くにボールを持ってクロス。 走ってきたFW大迫の頭に少し合わない頭を痛めて残念がった。

昨年夏にスペインの世界的な名門レアル・マドリードに移籍国内クラブに期限付き移籍を繰り返しながら、欧州の舞台で研鑽を積んできた。 試合前のインタビューで「1年前から1回積んできた経験だと思う」と自信も口に。 昨シーズンの欧州CL優勝したBミュンヘンのサッカーを引用するなど、常に世界を見つめる意識の高さをうかがわせた。

チーム向け「1番貢献」と述べたスコアは、この日も奪うなかった。13日、コートジボワール代表との試合もあります。」次の代表の立場が約束された選手はいない」次のこそは目に見える結果を手日本代表を牽引する存在として駆け上がっていく。

READ  タイソンとHoyaまで... "レジェンド選手」が復帰を目指す「お金しかない」理由は - ボクシング - Number Web

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close