九州・在国電機、公正取引委員会調査協力すること

1 min read

東京、11月28日(ロイター) – 日本公正取引委員会は九州電力に反独占課徴金を課さなかった。 (9508.T) ジュゴクパワー株式会社 (9502.T)両方のユーティリティは、反競争的な行動のために問題があるという報告書に基づいて月曜日に述べた。

両社はそれぞれ別々の声明で調査中であり、委員会に協力し、必要に応じて追加情報を迅速に発表すると述べた。

委員会は、反独占法に違反した容疑で3つの主要公益事業会社に総数百億円の罰金を課すことにしたという日経新聞の金曜日の報道についてコメントを拒否しました。

規制当局は、九州電機、chugokuエレクトリック、chubuエレクトリックパワーコに不利益をもたらすだろう。 (9504.T) 日経は、お互いの産業用電源市場に拡大しないことに合意したと述べた。

Chubu Electricのスポークスマンは、同社はこの報告書を知っていますが、それ以上の言及を拒否したと述べました。

他の日本の発電機と同様に、3社はすでに円安で悪化している高い国際エネルギー価格のため、投入コストの上昇に苦しんでいます。

金子香織、小林優香記者。 Kantaro KomiyaとMiho Uranakaの追加報告。 David GregorioとBradley Perrettの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ブルネイ・ダルサラム国王ハジハサナル・ボルキア(Haji Hassanal Bolkiah)国王との接見
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours