理科

乳房切除術を決定する45歳の女性社長の人生観川崎キコ乳がん日記| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

45歳の「女社長」川崎貴子さんは、昨年10月に乳がんの宣告を受けた。 「40代が最も幸せである。」 そう断言川崎氏は、「絶対に治すこと」「乳がんの経験を無駄にしないこと」の2つのことを自分自身に課し “乳がんプロジェクト」を開始した。 著書「私たちの胸に未練なく「よりも、その顛末を紹介しよう – 。

※この記事は、川崎貴子「私の胸に未練なく「(ヤマト書店)の「Chapter1がん宣告」「Chapter6こんにちは胸」を再編集したものです。

2016年10月14日:乳がん宣告を受ける

川崎貴子さん

今日もここに(どのような国立病院の乳房と外来)は不安顔をした女性たちでいっぱいだった。 芸能人の乳がんカミングアウトが続いたためか、少しでも「あれ?」と塊のようなものを見つけた女性は、今まで以上にフットワーク軽く検診に参加するようだ。 混雑当てているのは不便極まりない女性に「すぐに検診!」良い流れと言えるだろう。

ここに来るのは、先週と今日の2回目ですが、以前のように14時予約16時になっても音がかからない。 後ろアポウル入れなかった私のビジネスとしての直感を心から賞賛してくれたくなる。 それでも心が離れるほど待ち時間が長い。 仕方なく、がんかどうかの検査結果を待ってくれている友人に「この待ち時間のために、がんになります」という不謹慎なLINEを送信溜飲を下げたりする。

元ここに来た経緯は次の通りである。

<9 월 초순>右胸にしこりを発見した。

<9 월 중순>非神経家族旅行に出かける。

<9月末>健康診断に行ってマンモグラフィ(乳房X線撮影検査)と超音波検査(乳房の超音波検査)を受けて塊確認した。 バンプ良性または悪性かどうかの判定検査が必要であると針生体検査(細胞を一部において、しこりや分泌物の成分を検査する)が可能な国立病院紹介状を書いてもらう。

<10 월 초순>紹介された「比較的自宅に近い」「乳がんの手術で有名な「国立病院。 またマンモグラフィとエコー検査を受け、右胸に細胞を採取する注射をブースブース3つ見舞いされる。

……そして、今日はその検査結果を聞きに来たわけだ。 本来ならば、正または半または「ドキドキ審判の日」である。 ただし、以前の病院に来たとき、マンモグラフィのデータを表示したり、エコーを操縦しながら見つめる先生の仕業や間を一挙手一投足を観察していた私は8割方、自分が乳がんにある党をつけていた。

だから今週乳がん・サバイバー友達(抗がん剤治療を受けた前切除後5年経過し再発なし)にお問い合わせいただくか、彼女が書いた乳がんの本を読み返したり、インターネットで調べドーハし、それなりの治療方針(あくまで素人希望)を勝手に妄想して諸準備OKの状態で臨んだのだった。

READ  芝浦工業大学で化学エネルギーのみで駆動するゲルポンプの実用性を実証| fabcross

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close