経済

乾燥地域養殖業:愛されるサーモンからアンチョビまで

日本の乾燥地養殖場で陸地池を通じて魚介類を養殖することを目指す乾燥地魚類養殖事業が本格化する兆しを見せている。 他の分野の企業が進出しており、養殖業ベンチャーが登場している。

これらの企業は、魚類輸入モデルから国内供給モデルに転換し、日本産魚類に付加価値を加えるために積極的な試みをしている。

しかし、シーフード生産の自給自足を回復しようとする政府の努力は、目標の半分に過ぎない。 当局は、これらのビジネスを支援するためのフレームワークの作成をスピードアップする必要があります。

養魚業は各地域の自然環境を利用しながら成長してきました。 マグロ、カキ、海藻の養殖場があり、湖や川などの淡水でうなぎや鯉を養殖しています。 この事業は今漁業の柱になりました。

一方、水産庁は乾式養殖の明確な定義はない。 ある関係者は、機関が「淡水養殖ではなく、乾燥海水施設でシーフードを養殖する慣行」と理解していると述べた。

2020年7月に発表された養殖業成長産業化総合戦略では、乾魚様式を技術開発が進む事業として説明している。 この戦略は、専用の方針を策定するためにさらなる調査が必要であることを認識しています。 現在、エージェンシーは、このビジネスにどのように多くの企業が関与しているかを把握していません。

白い屋根の建物は大阪府三崎市丹野と漁港の乾燥地養殖プロジェクトです。

復活のための戦略

JR Westは早くこのビジネスに進出した先駆者会社として知られています。 2013年に初めてかかった魚の養殖に目を向けました。 このプロジェクトの目標は、地域産業を活性化し、その地域を活性化して、企業の鉄道ネットワークが提供する場所を促進することです。

2018年に、鉄道は独自の乾燥地魚用養殖ブランドであるPROFISHを設立しました。 Premium Organic Fishの略であるこの新しい会社は、刺身のように生に消費されるサバのような製品を提供し始めました。 2021年末までに8番目の魚種である「フィルフィッシュ」フォームを開始しました。 今でも地元企業と協力して農家を作り続けています。

2021年12月、Nikken Lease Kogyoは静岡市の自社施設で養殖するマスサーモンであるミホサーモンを紹介しました。 スルガ湾の海水が自然に浸透した層に到達するために地面を掘り、30メートルの深さの井戸を使用します。 そこで稚魚の魚は6〜8ヶ月の間に最大2キログラムの大きさに成長します。

ニッケンレス関係者は「年間約20トン程度の魚類しか生産できず、価格帯が高い」と話した。 「人々が静岡を訪れたくなる高品質ブランドになるよう、静岡市と商工会議所、地域流通、外食業者と協力しています。

大阪産鮭が泳ぐ干し養殖養魚場。 大阪府三崎町(三渓)。

サーモンフォームを中心に

閉ループろ過システムは水資源への影響が少ないため、乾式魚養殖に使用される標準技術となりました。 システムは、フォームに使用される水を連続的に濾過し、再循環することによって制御する。 水温、水質、食品を慎重に管理し、魚特有のアレルギーや寄生虫のリスクを軽減します。 さらに、季節の変化は魚の品質に影響を与えません。

FRD Japan, Co.は埼玉県岩月区に本社を置く乾燥地養殖魚の商業化を目指すベンチャー企業です。 千葉県の実験施設で年間30トンのマスサーモンを生産しており、商業化のために2023年3月までに2000トン規模の施設を着工する予定だ。

寿司や刺身用として人気のある輸入魚類である大西洋鮭の大規模国内生産を目指す外国ベンチャー企業もある。 ノルウェー企業のProximar Seafoodは昨年、静岡県大山にある産業団地に工場を建設し始めた。 28平方キロメートルの面積と6300トンの年間生産能力を備えた総投資額は170億円(約1億4千万ドル)に達すると予想されます。

静岡県にあるProximar Seafoodで建設中の大西洋サーモン乾燥養殖施設。 (Proximarの礼儀)。

アル孵化施設は2022年夏までに完工する予定です。 チアは5kgの魚に成長し、同社は2024年夏まで製品出荷を目指しています。 日本知事関係者は「市場に進出した理由は「日本には生大西洋サーモンを消費できる市場があり、政治状況が安定しているため」と説明した。

別の外国企業は、アラブ首長国連邦に基づくPure Salmonの日本の子会社です。 Soul of Japan Inc.(東京港区)という日本の子会社は、加工工場とともに年間1万トンの魚を生産できる養殖施設を建設する計画です。 このプロジェクトは、2025年秋に出荷を開始することを目指しています。 Soul of JapanのCEOであるErol Emedは、「私たちの施設は一次産業と二次産業を統合しています」と説明しています。

Tokio Marine & Nichido Fire Insurance Co., Ltd. は、2022 年 1 月より乾燥紙様式会社を対象とした保険販売を開始しました。 予期せぬ事故による財産(洋食魚)の被害に対する保険を提供します。 東京海上日光はすでに何度も見積もり依頼を受けていると言います。

他の場所では、日本の巨大な漁業である日本水産海上株式会社は、長年にわたりサバとシダのエビの実験的な乾燥フォームを行ってきました。 初期設備費、養殖時に使用する電力、事業全般にわたる収益性などを確認するため、依然として慎重な立場をとっている。

FRD Japanのパイロット施設は、閉回路定数ろ過を使用して年間30トンのマスサーモンを製造しています。 千葉県木更津市(写真提供:FRD)。

大規模ビジネスモデルに向けて

日本の食用魚類自給率は1964年に113%で頂点を取った後、減少し続けている。 2020年には約57%と前年比2%p上昇した。 しかし、全体的に生産と消費の両方が減少しました。

日本の水産庁が現在提示している次期水産基本計画は、2032年まで食用魚類自給率94%を目指している。 現在、輸入の多いサケであるサケの国産化拡大干し養殖業の現状をリアルタイムで把握できる報告制度とともに含まれる予定だ。

一方、シーフードの世界需要は増え続けています。 例えば、魚の修理に関する質問が急増した。 そして、シーフードを食べることはしばしば健康的なライフスタイルの一部と見なされます。

FAO統計によると、養殖魚は2018年の世界総漁獲量の46%を占めました。 同時に、一部の国では、海洋汚染に寄与する懸念とともに、過剰な大規模な海洋ベースの養殖プロジェクトによる問題の調査を開始した。 農場で育った魚の病気。

養殖業の未来を望むより

日本研究所出現戦略センターの専門家である三和康文氏は、「現在、干物様式は大規模ビジネスモデルに進んでおり、これを基に花を咲かせ始めた。 動物性タンパク質源を提供する産業としての役割」

干物養殖業も食品加工業界の一部です。 そしてこれに投資する企業は、初期投資金を下げる量産・大規模産業への転換なしでは収益性確保が難しいという立場だ。

Miwa氏は、気候変動が魚種と数量の利用可能性と世界の人口増加による需要の増加に与える影響を考えると、「食料安全保障の観点から別の柱を構築することが重要です。 安定した水産物供給のため

「将来の投資のためには、干物養殖業の振興に努めるのが最善です。 これを行うための最良の方法は、土地使用規制の緩和、有利な税処理、および公的資金の投入を含むフレームワークを設定することです。」と彼は付け加えます。

関連:

作家:日野優香子

READ  日本:首相はLGBT平等を支持しなければならない

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close