二つの伝統を融合した日本のフランス職人が、スイプ諸島への情熱を続けています

Estimated read time 1 min read





Jeff Rudgeが2023年9月13日、茨城県中にある職場で「水以初の親友」ランタンを作っています。 (刑務所)

MITO – フランス出身の一人の職人が2つのユニークな芸術形式を組み合わせて、日本東茨城県の首都である水戸で有名になった「スイフ超友」和紙ランタンに新しい命を吹き込みました。

45歳のJeff Rudgeは、彼のランタンが将来のために伝統を維持するのに役立つことを願っています。 彼はドイツ人の祖父に学んだステンドグラスクラフトと薄い竹の彫刻、日本の紙を組み合わせる技術を使用して、光を使用して鮮やかな色を引き出す独創的なデザインを作ります。

水布は江戸時代(1603-1868)水戸のもう一つの名前であり、この都市は日本人が毎日使っていた初心者、すなわち「バケツなど」の有名な生産中心地の一つとして知られています。

今日、伝統的な花火の代わりに電球を使用する初心者はお土産として販売され、祭りやその他のイベントを飾るために広く使用されています。 「赤町」(赤い灯り)はのどが渇いて空腹のお客様を引き付ける灯りとして、日本の「居酒屋」居酒屋の外にかかっています。





2023年9月茨城県中で富士山を模したステンドグラス「水后超親友」の灯りが見えます。 (刑務所)

ロッジは最近のインタビューで、刑務所通信とのインタビューで「伝統を保存して広報しながら、新しいスタイルの初心者を導入したい」と話した。

彼が運営する職場では、Rudgeはあらかじめ塗られた数多くの白いランタンに囲まれています。 彼は熟練した手で竹片を慎重に曲げ、輪状にして日本の紙を貼る枠を作ります。 竹の作業がどれほど難しいかによって、微妙な量の力を加えなければなりません。

彼は「天然素材を扱うのは難しいが、一つ一つ作業するのが面白い」と話した。

フランス東部出身のラージは旅行中に出会った日本人妻里子と結婚し、2005年茨城県中の故郷に移住した。

ラージの職人である飯島みのる(84歳)は、50年以上にわたり、この街でスイープ初の工房を運営してきました。 フランス人は、幼い頃から職人の精神への愛のため、飯山の技術に感心し、2017年に機会を見ました。

ルージは英語教師として働いていたが、職人が後継者がいなくて廃業を考慮しているというニュースを聞いて見習いになることを要請し、飯島は快くこれを受け入れた。 IijamaはRudgeと緊密に協力して技術を発展させ、若い男は2021年にワークショップを継承しました。

首都初の製造業は、江戸時代に貧しく暮らしていた下級武士たちの副業に伝播され、当時統治していた水戸藩の支援を受ける産業となり、繁栄したそうです。

全盛期には30店舗の店舗がありましたが、生必品である初心者に対する需要が減少し、現在は3店舗に減りました。

コロナウイルスの大流行により、初めての売上も打撃を受けました。 神社と夜間祭りの中心となる日本灯籠はコロナ19拡散で日本全域で行事が取り消され、需要が萎縮した。

この危機により、Rudgeは子供の頃に祖父から学んだステンドグラスクラフトと新しい情熱を組み合わせるという考えを持っています。

Rudgeの革新は、超親の上にステンドグラスを配置し、柔らかいランタンライトに富士山、竹、その他のモチーフのイメージを投影することです。

Rudgeは現在、自分のランタンを友人だけに販売していますが、徐々に生産量を増やして、最終的に日本国内外の買い手に販売することを願っています。

「日本人職人から受け継がれた伝統技術と、ドイツ人の祖父から学んだ技術を組み合わせて、独自の独特な初友を作りたい。伝統を守りながら、各家の遺産を継承したい」 言った。

READ  ジェッダ、スリープ、フランスの飛行機、ジェレンスキーが日本のG7に到達した方法
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours