井上直也(Naoya Inoue)がルイス・ネリー(Luis Nery)を相手に世界タイトル防衛に出る

Estimated read time 1 min read

5月6日月曜日、東京ドームで井上に出てくるvsルイス・ネリという巨大な対決が繰り広げられる予定だ。

31歳の井上(Inoue)は4大プロボクシング組織を統一して統合世界スーパーバンタム級チャンピオンであり、29歳のメキシコ人ネリー(Nery)は現在世界ボクシング協議会(World Boxing Council)が選定したスーパーバンタム級部門1位を占めあります。

Inoueは26-0(23KO)の完璧な記録を誇っています。

一方、Neryは2021年5月に27回のKOを含む36回の試合で35回の勝利を収め、彼の印象的な記録をリングにもたらしました。 ブランドン・ピゲロア

この試合は日本のボクシングの歴史に歴史的な瞬間を記録する。 東京ドームは1990年2月11日、マイク・タイソンとジェームズ「バスター」ダグラスの伝説的な衝突で最後に目撃されたこの記念碑的なイベントを34年ぶりに開催します。

さらに、東京ドームでは日本選手がこのイベントの見出しを飾る最初の出来事となり、「モンスター」井上が初めてスーパーバンタム級タイトルベルト4本をすべて着用したリングに入場することになります。

4月10日、井上にはシャドウボクシング、ジャブ、ストレート、サンドバックフックなど一連の動作を披露し、集まったメディアに自身の技術を披露しました。

井上出る
左から井上に届け、井上出や、大橋ボクシング体育館大橋秀幸会長が4月10日横浜で記者会見をしている。 (©サンケイ)


G7サミットバナー

「スリリングな試合になるだろう」

井上には訓練前の記者会見で「明らかに危険と挑戦があるが、熾烈な対決が予想される」と、今後の相手に対する考えを明らかにした。 [Marlon] タパレスの戦い [on December 26, 2023]。 結果がとにかく興味深い試合になるだろう」と話した。

広告


G7サミットバナー

彼の父親でありトレーナーである井上信告(Singo Inoue)も「相手が大まかな戦術を駆使しても、出谷がしっかりした姿勢を維持すれば私は全く心配しない」と自信を表わした。

ネリーの印象を尋ねる質問に井上には「人々はしばしば彼の積極的なスキルに集中しますが、彼は積極的なボクシングの中でも自分を守る方法を知っています。言いました。

井上出る
2023年12月26日、マロン・タパレスを相手に競技する井上に出る。 (ⒸSANKEI)

井上直也がルイス・ネリーと戦うと予想する方法

井上にはネリとの対決方式について「近距離交戦でも遠距離戦略に固守し、適応力を維持することを最優先と考えている」と説明した。

攻撃的な相手をどのように対処すべきか分析した彼は「攻撃をどのように無力化するか悩むだろう。回避でも反撃でも何とか対処できるように様々なシナリオを準備している」と付け加えた。

ルイス・ネリー
ルイス・ネリー(Luis Nery)が4月23日、東京新宿区にあるジムで運動をしている。 (©サンケイ)


石川観光客バナー

Neryは今後の試合の見解を共有します

ネリーは4月21日日曜日の午後の活気に満ちた羽田空港に到着しました。

彼の到着を取り巻く忙しい活動にもかかわらず、彼は約9分間記者の質問を受けました。

「井上には速くて強くて才能があるが、私は優位にいると信じている。私は彼をポンド当たり1位と見ない。私は井上をファイターとして尊敬するが、彼に恐れない。私はKOを確保するためにここにいる」と自信を持って彼は旅行に同行した妻と3人の娘と一緒に空港を出る前に自分自身を言った。

2日後の4月23日、ねりは東京新宿区にあるテイケンボクシングジムでマスコミに面しました。 そこで彼はトレーナーと一緒にシャドウボクシングを行い、フックとアッパーカットの組み合わせを練習しました。

広告


G7サミットバナー

彼は記者会見で「私だけでなく井上にとっても大変な戦いになるだろう」とし「私たち二人とも勝つ可能性がある」と話した。

「しかし私はメキシコ人です。リングで命をかけても心を尽くして戦う準備ができています」と彼は宣言し、揺れない決断力で戦うという決意で記者会見を終えました。

ルイス・ネリー
ルイス・ネリー(Luis Nery)が4月21日、東京羽田空港で記者たちと話しています。 (©SANKEI)

井上「日本ファン支援が大きな要因になるだろう」

「パンテラ」(ブラックパンサー)として知られているネリーは、イヌエがこれまでに直面しているボクサーの中で最もタフな相手と見なされます。

しかし井上には「5万人に近いファンが応援をしてくれれば大きな力になるだろう」とし「皆さんの応援に力を入れて格別な活躍を繰り広げるだろう」と話した。

井上が訓練する横浜大橋ボクシング体育館大橋秀幸会長は「井上直也がひたすら実力だけで東京ドームで戦うのは日本ボクシングにとって記念碑的な事件」と話した。

日本のボクシング史上名実共にしたチャンピオンとして、バックホーにインスピレーションを受けた服装をした彼はブラックパンサーとの対決を準備します。

井上には大橋体育館創立30周年を記念して日本ボクシングに新たな遺産を残す5月6日、東京ドームで劇的な勝利を収めることができるでしょうか?

非常に期待される対決はAmazon Primeでライブにストリーミングされ、その日のファイトカードはJST午後5時に始まります。

広告


G7サミットバナー

関連:

作家:佐藤真

佐藤新(Shin Sato)は産経新聞営業部のコンサルタントでありスポーツ作家である。 ジャパンフォワード

READ  #11スポーツトルク - Motofumi Iguchi、B.Leagueに関する情報に基づいた分析を提供
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours