スポーツ

井上直哉、その前の5階級制覇に「2章」の開幕! / BOX – スポーツ – SANSPO.COM(サンスポ)

2団体のタイトルを守る井上(中央)は、ベルトを肩に自慢した。 左は父の申告トレーナー(トップランク社提供ゲッティ=共同)【拡大】

プロボクシングWBA、IBFの世界バンタム級タイトルマッチ(31日=日本の時間1日、米国ネバダ州ラスベガスのMGMグランドカンファレンスセンター=無観客)ボクシングの聖地で強打が炸裂(炸裂)した。 2団体統一チャンピオン井上直哉(27)=大橋=が挑戦者でWBA2位、IBF4上記のジェイソンモロニ(29)=オーストラリア= 7回2分59秒KO勝ち。 スーパーチャンピオンに上昇したWBAは、4つ目は、IBFは2回目の防衛に成功した。 ラスベガスでのデビュー戦で二度ダウンを奪い完勝した「モンスター」は、主要な4つの団体の統一チャンピオンを次の目標にして、世界5階級を制覇してスーパースターを目指す。

井上はこの試合を選手への「2章」の開始に位置づけた。 19歳でプロ生活を始め、「第1章」でのライトフライ級、スーパーフライ級、バンタム級世界3階級制覇を達成した。 昨年、各階級の世界最強のボクサーを決定トーナメント「ワールドボクシングスーパーシリーズ(WBSS)」でバンタム級制覇した。

第2章では、本格的な世界進出を狙う。 次の試合について井上は「WBCとWBOの王子があるので、どのタイミングが合う方としたいし、IBFの指名試合も選択に入る。状況に応じて」と話した。

現在のWBCのチャンピオンは、弟のタクシンを獲得ノルディック押し・優波離(フランス)。 12月には、井上昨年11月に敗れたノニ土・ドネツクア(フィリピン)との防衛戦が決まっている。

WBOのチャンピオンは、4月に井上との3団体王座統一が予定され、コロナ流行で実現されていなかったジョン・リール市メロ(フィリピン)。 この2つのタイトルを獲得すると、バンタム級での主要な4つの団体を席巻する。

井上が目指しているのは、世界中の誰もが知っているスーパースター。 “ラスベガスでのキャリアを維持することで、世界的に認められたい。ラスベガスで戦うことができるからスーパースターにアクセスする。米国で成功していく一つの夢でもあり、目標でもある」と述べた第一歩を踏み出した。

その先にあるのが「スーパーバンタム級に階級を上げて4団体統一。 中軽量」(所属体育館大橋会長)公言している35歳の年齢で現役引退まで8年。プロ生活はまだ配置で世界5階級制覇の夢ではない。(尾崎洋介)

READ  菅野10連勝委託も吉川出こんにちは/ DeNA前の詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close