スポーツ

井上直哉は「問題なしの勝利」死闘引き受けドニゴールああ言った – ボクシング:日刊スポーツ

「5階級王子」がWBA、IBF世界バンタム統一チャンピオン井上直哉(27 =大橋)の勝利への確実な保証である。

WBA同級2位モロニ(オーストラリア)との防衛戦(10月31日、米国ラスベガス)を控えて、昨年11月に井上と対戦世界5階級チャンピオンノニ土・ドネツクア(37 =フィリピンの)が日刊スポーツのインタビューで「井上ガラス」を予想した。 主要メディアの19年の年間最高試合に選ばれた死闘を介して感じた井上の力、情けないの可能性を述べた。[취재 · 구성 = 오쿠 야마 마사시]

◇◇◇

イノオエウル苦しめドニああだから知ることができる。 コロナ災害で通常とは違った雰囲気で臨む実力者モロニ前。 米国昇格大手トップランク社との契約初戦のファイトマネーは軽量で異例の100万ドル(約1億1000万円)に設定された。 井上に重圧がかかる要素は少なくない。 それでもドニエアーはよどみなく話した。

ドニゴールああモロ丹羽スパーリングをした経験があるが、井上はそのレベルではない。 モロニ良いジャブを持っていますが、問題なく井上勝つと思う。

井上が今後の主要な戦場となるだろう本場ラスベガス。 その地に住んでいる逆転のチャンピオンで、世界の主要なメディアで年間最高試合に選ばれた1年前格闘をもう一度振り返ってもらった。

19年11月7日。 さいたまスーパーアリーナは2万人熱狂が渦巻いた。 9番レーズンああのすぐ右の顔に受けた井上がプロ転向後初めてつまずいた。 目のけが、視界もぼやけています。 しかし、11番に左ボディでまわるああ破り勝利をドラッグ送った。 12ラウンドの熱を介して井上引き出しの豊かさと可能性に世界が驚いた。

ドニゴールああ、まず井上のタフさは想像を超えていた。 自分が持っている力を全て出した。 彼は眼窩(目の下)底骨折したが、倒れなかった。 確かにキャリアの中で最も強い相手だった。

スピード、技術、パワー。 ボクサーの強さを測定する指標は一つではない。 「ラウンド」と評価されている井上についてドニゴールああまた、その総合力の高さに触れた。

ドニゴールああ、彼はすべての面で高いレベルのものを持っている。 そして頭がいい。 自分が何をすべきか知っている。 攻撃時か防御ときか。 ここ速度でいくのか、パワー行くか。 弱点がないので、こちらの方が思うようになる。 しており、困難になっていくのを感じた。

技術的には、基本的な忠実さが印象深かった告げる。

ドニゴールああ井上は全身を打つたびに、左からのカウンターを迎えることになる。 そしてパンチを出せば一箇所にとどまらず、常に動いている。 中に入って攻めればすぐに出てくる。 そして出てくる時も一定の方向ではなく、複数の方向に下がる。 そこを徹底的にしてくれて抜くことができ、自分のデスクがあるようです。

井上にモロニ前は本格的なラスベガスで最初の試合となる。 「怪物」で「MONSTER」に – 。 ドニああつのパンチが未来を開く鍵になるだろうと予想した。

ドニゴールああ、彼の左の身体は、普通の人は打つことができない特別なする。 アッパーに気を離す体の回転、距離感、スピード、タイミング値の場所、すべてが完璧に打たれたそのボディショットは我慢できません。 右がそのように強く左にも、そのパンチがある。 自分に左フックがそうであったように、今後、「井上=左ボディ」になる可能性もあると思う。

一度Pacquiaoをアジアから世界の頂上に駆け上がり、その後ろまわる子供続いた。 そして井上が続く – 。 「第2章開始」と評価前のカウントダウンが近づく。

◆テレビ放送WOWOWは11月1日午前10時半からWOWOWプライムで生中継。

READ  トヨタ:ルマン24時間決勝レポート... TS050 HYBRID 8号車が3連覇!

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close