スポーツ

井上雄彦監督のアニメスラムダンクが2022年の秋に戻ってきました。

Slam Dunkは、最も重要なスポーツ漫画の一つです。

2022年スラムダンクが帰ってくる。
スクリーンショット©TAKEHIKO INOUE / IT PLANNING、TOEI ANIMATION / Crunchyroll

伝説的なバスケットボールアニメーションが帰ってきました! スラムダンク 作家井上雄彦が脚本はもちろん演出まで一緒にして、来年の秋に復帰する。 久しぶりにタイミングがより良いことがありませんでした。

スラムダンク に漫画で初めてデビュー 週刊ジャンプ 1990年に開始し、6年後に操作を終了しました。 この漫画は、最初のバスケットボール漫画ませんでした。 この漫画は、日本で1億2000万冊以上販売された大ヒットを記録し、1993年から1996年の間に放映された大成功のアニメーションと4本の長編アニメーション映画を出産しました。

井上は今年1月、次期作を初めて発表した。 Twitterを使って、ある 鼻タク 当時報告された。 私たちは今、すべてのことが予定通り進行されるということを知っています。 そして映画は、来年末に出てくる

特定の世代のアニメファンにこれは非常に重要なショーです。 スラムダンク これまで製作された最も重要なスポーツマンガやアニメの一つです。 バスケットボールではなく、ファンにも継続興味を起こさせるクールな文字と一緒に即時性があります。 キャラクターは素晴らしい漫画は漫画のように日本でバスケットボールをさらに普及するために役立ちました。 Captain Tsubasa サッカーのためにした。

スラムダンク マイケル・ジョーダンとパトリック・ユーイングのような当時のNBAスターへの言及に満ち当時多くの読者の頭を捕らえました。 読者がすべてのうなずい表彰する必要はありませんでした。 明らかなことはスポーツのためのInoueの愛でした。

バスケットボールを一度も見たことがない日本の子どもたちがファンになり、この漫画は、若い女性に人気を集めました。 大阪で生まれた妻は、スラムダンクの熱烈なファンがいます。 彼女に関心を引いたのは、スポーツではなく、ストーリーやキャラクターでした。 1990年代初頭に日本で育った彼女と他の人にバスケットボールの新たな関心は、プラス要因でした。

2022年スラムダンクが帰ってくる。

マンガやアニメはChicago Bullsを含むチームを参照していました。
スクリーンショット©TAKEHIKO INOUE / IT PLANNING、TOEI ANIMATION / Crunchyroll

見たことがない場合はここでの方法 クランチロール– アニメーションをストリーミングしている – について、次のように説明します。

湘北高校1年生の新入生である桜木一つ与える中学校時代の50人の女子学生に落第を受けた記録を持っている。 最後の少女がバスケットボールチームの男に彼を拒絶した後に、Sakuragiはスポーツによってトラウマを経験しました。 ある日、ナイーブな桜木に「バスケットボール好き?」と尋ねるかわいい女の子が近づいてくる。 桜木は春子という少女に惚れ “大好き!”と答えています。 ダンクのドリブルも知らない桜木は春子の心を捕らえる日を夢見てトレーニングを開始する。 しかし、春子は、スーパースターの新人であるもう一つの新入生流川楓に目を回した。 新入生ペアと湘北バスケットボール部の残りの選手たちは全国大会を目指し、シーズンを開始する…

バスケットボールは、日本で新しいものはありません。 日本では、少なくとも1920年代から開始しリーグは1930年に結成された。 数十年の間に学校の子供たちは、体育カリキュラムの一環としてバスケットボールをしており、寒い冬の間のバスケットボールをするためにジムに集まりました。 。 しかし、国内リーグでも、日本では国家的強迫観念的な野球や、定期的にゴールデンタイムに放送されるバレーボールのようなスポーツだけ密接に従っていませんでした。

しかし、それは変化し始めたCrunchyrollが、上記のクリップで指摘したように部分的には、 スラムダンク。

デビューして数十年が経った今、私達は、日本のバスケットボールが郊外から数年の間に衰弱した後、自主的に登場することを始めました。 例えば、Rui HachimuraとYuta Watanabe選手がNBAでプレーしており、女子代表だけ東京オリンピックで銀メダルを獲得しました。

これは良い時間です。 スラムダンク 日本でバスケットボールファンになるより良い時間です。

READ  オリンピック:アーチェリーディピカクマリ、アタ押しダース、東京でトレーニングを開始

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close