技術

交通省はマレーシアで日本の技術会社開発を歓迎

PETALING JAYA:日本のNTT Limitedは、地域での事業拡大を支援するためにCyber​​jayaに第6のデータセンターを構築しているとDatuk Seri Dr Wee Ka Siong交通省長官が語った。

彼は月曜日(8月1日)フェイスブックに日本、フィリピン、サラワク、マレーシア半島を接続するイントラアジアエクスプレスケーブル(Intra-Asia Express Cable)もよく進んでいると付け加えた。

「私たちはこの積極的な発展を歓迎し、NTTがグローバルケーブル接続とマレーシアの関連産業に多くの価値を追加すると確信しています。

同氏は、「交通省は、NTTを含むケーブル所有者がマレーシアに投資し、私たちのグローバルな接続性を強化するために引き続き支援すると確信した」と述べた。

Wee博士は日曜日(7月31日)、マレーシアに短期出張中のNTT Limitedの副社長兼ネットワークサービスの取締役であるYoshio Satoに会っていました。

NTTは、マレーシア半島の2つの海岸を結ぶ2つの主要なインターネットケーブルであるApricotとMISTを導入したコンソーシアムリーダーです。

「2020年11月、交通省が外国のケーブル修理船のカーボタージュ政策を復元することにした決定に対する批判にもかかわらず、サトはアプリコットとMIST海底ケーブルが最初からマレーシアの接続性を向上させるために互いに補完するために計画されたことを安心させることができました。そして地域」とWe博士は書いた。

現在、国のカーボタ州政策は、外国の国籍船がマレーシア海域で海底ケーブルを修理することを禁止していません。

外国の船舶はマレーシア領海に入ることができ、作業を始める前に電子国内輸送許可を申請するだけで、承認に3日以上かかりません。

1980年1月に導入された元パカタンハラパン政府は、2019年4月に海底ケーブルメンテナンス船の国内船舶免許申請を免除するケーブル修理作業のためのカーボタージュ政策を撤回しました。

しかし、2020年11月16日、交通省がカーボタージュ政策を再導入しました。

READ  別のGoogle AIリーダーがAppleに脱北しました。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close