エンターテインメント

京子、舞子は、伝染病の中で京都で年末歌舞伎ショーを見るために扮します。

京都 – 京都の5つの有名な「花町」ナイトライフの慶子と彼らの「舞子」見習いが集まり、特別な歌舞伎ショーを見るために、翌年の新しい俳優を紹介する年次「かがいそけん」が、南沢劇場でスタートしました。 12月3日この西部日本都市の東山区。

宮川町花町地区で40人余りの京子と舞子が白い化粧と華やかな着物の上に仮面をかけて公演を観覧した。

年次イベントは、芸術公演の向上を目指すイベントで、12月に行われる伝統的なイベントです。 宮川町はコロナ19拡散で2020年の参加を控えた。 昨年のイベントに出席した京子と舞子も、南沢劇場の前に人波が集まるのを防ぐために扮装をしないまま観覧した。

今年も参加者はいつものように華やかな衣装を着て登場することができた。 舞子は、劇場の建物の前に掛かっている俳優の名前が表示された「マネキ」の木製看板に似た花で「関西」ヘアアクセサリーを着用するのが慣例です。 各マイコは、自分の好きな俳優がヘアアクセサリーに名前を書くために更衣室を訪れましたが、コロナウイルス対策ですべての関西は南座劇場で渡し、後で返却することにしました。

祇園古府、文東町、祇園東、上七軒花町地域の京子と舞子堂歌舞伎ショーを12月6日から12月10日まで観覧する予定でした。 吉祥香美細工業の最終公演は12月23日に行われます。

(Japanese original by Yoko Minami, Kyoto Bureau)

READ  Akshay Kumarこの映画は、日本開封後の最初の週に多くの利益を上げました。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close