経済

京都ビジネスグループ会長は、日本が外国人観光客に早く開かれたい





2022年4月29日、写真は京都サキョグの人気観光地である三禅院の前で人々が歩いている様子です。 (毎日/南洋子)

京都市商工会議所長は、日本がコロナ19ファンデミックで「低迷した経済活動を活性化するために外国人観光客の受け入れを着実に推進してほしい」と話した。

主要ランジェリーメーカーのWacoal Holdings Corp.の会長でもある塚本吉田京都商工会議所会長は、5月24日定期記者会見で京都府インバウンド観光について言及した。 彼は京都のインバウンド需要が特に多かったと述べた。 中国、韓国、台湾、タイ、その他の東南アジア諸国から来た観光客の間で高い人気を享受しており、京都は「ヨーロッパやアメリカから来た訪問者を多く見られなかったし、実際に買い物をすることもない」と話した。

続いて「日本が入国者の受け入れを再開しても日本の観光が伝染病以前の水準に回復するまでには時間がかかるだろう」とし「今後重要なのは県と市を含む私たちにとって重要だ」と話した。 、(観光客のために)準備し、東南アジアの訪問者が京都で欲しいものと私たちがそれらを収容する方法を検討してください。

ツカモトはまた、2019年以来初めて感染症関連の制限のないゴールデンウィークである4月末から5月初めまでの長いゴールデンウィーク連休期間中に京都観光について言及しました。 彼は訪問者が主要観光地に戻る間、「休暇客のほとんどは若者であり、平均的に一人当たりより多くの支出をする高齢者と外国人観光客が少なかった」と指摘した。 彼は平日のホテルシェアが20~30%にとどまっており、京都府観光産業は原材料価格の暴騰などの要因で依然として困難を経験していると付け加えた。

(京都局千葉の和和の日本語オリジナル)

READ  サイバーいじめ法 - インドは日本に従うべきですか?

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close