理科

京都大学、戦争で被廃されたウクライナの学生収容に移り、登録金免除





2022年4月20日、京都右京区で京都先端科学大学の職員がウクライナの学生を受け入れるための動きの一環としてオンラインインタビューを行っています。 (Mainichi/Norikazu Chiba)

KYOTO – ロシアの侵略で学業機会を失ったウクライナの学生を受け入れるための動きが京都の大学の間で広がっている。

京都市右京区にある京都高級科学大学(KUAS)が志望生を対象にオンライン面接を始めた時、志願者たちが続々登場した。 最初の学生は早ければ5月に日本に到着する予定です。 大学は現在、学生が生活費に拡大する莫大な費用をカバーするために寄付を求めています。

ウクライナからの学生を助けるための教職員の電話で、KUASはウクライナからの学生を登録免除と一緒に正規の学生として受け入れる制度を導入することにしました。 去る4月14日オンライン面接を開始し、現在まで約80人の学生が支援した。 大半は日本の大学で珍しい英語で講義を提供する大学の工学教授陣に支援するために支援しています。

面接は申請者一人当たり約1時間ほど行われ、英語で行われました。 ロシアと国境を接しているウクライナで2番目に大きい都市、ハルキウにある国立大学でコンピュータ工学を勉強している限り、20歳の学生が避難したポーランドでインタビューを受けました。 大学は彼にそこでの生活について尋ね、数学と物理学の問題で彼の学力を評価しました。 その生徒は何より生きる場所があるのか​​と尋ね、大学側で大学の近くに寮があり、無料で借りることができるという答えを聞くと安堵の表情を作った。

KUASは最初に少数の学生だけを受け入れると思ったが、志願者が多く、最大30人まで収容することに決めた。

インタビューを担当した工学部の田端治虫学長は「考えより助けが必要な学生が多く、遠く離れた日本で安全に勉強したい方を収容できるよう最善を尽くしたい」と話した。 戦争で被廃された地域で。

当初の計画は、大学が公共機関や支援団体と協力して日本旅行経費や国内生活費などを充当するものだったが、より多くの学生を誘致すれば資金が不足する可能性があるという懸念があり、公開的に決定した。 寄付を求めます。 本校運営機関である長森学園では、電話0771-29-2257、電子メール[email protected]でお問い合わせを受けています。

ウクライナからの学生を支援するために引っ越した他の大学があります。 京都佐京区にある京都大学は、学術交流協定を結んだウクライナ首都キエフにある2つの大学で30人余りの学生を臨時受け入れている。 滞在期間は4月から1年で月8万円の生活費を受ける。 大学は学生の生活費として使われる寄付金を受け取る「ウクライナ危機救援基金」を設立しました。

一方、京都市中京区の立命館信託は、京都の立命館大学と日本南西大分県の立命館アジア太平洋大学で約1年間、合計5人のウクライナ留学生避難民を非正規学生として受け入れる計画だ。 登録金を免除し、月生活費で約10万円を提供します。 立命館大学は、ウェブサイトを通じて継続して寄付金を募集しています。

また、京都伏見区にある龍国大学は協力大学の学生を交換学生として受け入れることにした。

(京都局千葉の和和の日本語オリジナル)

READ  日本、58万件ワクチン接種後47件のアナフィラキシー事例報告

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close