経済

人口減少と高齢化による日本出生率の最低記録

東京(AP) – 今年日本で生まれた赤ちゃんの数は、政府の上級スポークスマンが「危機的な状況」と表現した昨年の最低値よりも低いです。

松野広和官房長官は、より多くの結婚と出産を奨励するための包括的な措置を約束しました。

1~9月に生まれた日本人総59万9636人は昨年の数値より4.9%減少し、2022年の全出生児数が昨年最低値の81万1000人を下回ることができるという意味だ。

日本は世界3位の経済大国だが、生活費が高く賃金引き上げが遅い。 保守政府は、子供、女性、少数者のための社会をより包括的にするのに遅れています。

これまで、人々がより多くの赤ちゃんを持つことを奨励しようとする政府の努力は、妊娠、出産、子育てへの補助金の支払いにもかかわらず、制限的な影響を与えました。

松野は「昨年よりもスピードが遅い…」

多くの若い日本人は、暗い職業の見通し、面倒な出退勤、両親が働くには両立できない企業文化に落胆して結婚したり、家族を持つことを躊躇しました。

出生児数は約210万人で頂点をとった1973年以降減少し続けている。 2040年には740,000人に減少すると予想されます。

1億2,500万人を超える日本の人口は14年間減少しており、2060年には8,670万人に減少すると予想されます。 人口減少と高齢化は経済と国家安全保障に大きな影響を与えます。 領土の野望。

政府委嘱を受けたパネルは先週岸田文夫首相に低出産と人口減少を日本国力弱化要因として挙げた報告書を提出した。

READ  ロシア太平洋艦隊20隻、東海・オホーツク海で訓練開始 - 軍事・防衛

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close