人口高齢化問題をどのように解決するか»IAI TV

Estimated read time 1 min read

日本の人口高齢化問題は世界で最も深刻なことがありますが、すべての先進国が直面している問題です。 この問題はあまりにも扱いにくく、エール大学経済学者の成田裕介の高齢者集団自殺提案が国際的な見出しを飾りました。 それは真剣な政策提案ではありませんが、急進的な措置が必要です。 Charles Goodhartは、国家は年金を通じて退職者の日常生活に資金を調達するのではなく、高齢者の医療費の増加に資金を調達することに優先順位を付けなければならないと主張しています。

日本は人口の29%が65歳以上で、世界で高齢者人口の割合が最も高いです。 これらの数値は期待寿命の増加とともに多くの問題をもたらします。 高齢者はより多くの医療サービスを必要とする傾向があり、これは高価で多くの人的資源を必要とします。 ほとんどの先進国では、国が必要な支援の大部分を提供しているので、より少ない数の就職青少年が税金を通して費用を支払う。 これは経済成長の問題を提起しますが、おそらくもっと重要なのは世代間の定義です。




推奨読書
家族廃止事件
ソフィールイス

ここからイェール大学経済学教授の成田優介(Yusuke Narita)が登場します。 最近の37歳のニューヨークタイムズプロフィールは、日本の人口高齢化問題に対する解決策が「大量自殺」または「大量割復」という彼の提案に怒りを呼び起こしました。 19世紀後半に不名誉な侍が行った一種の自己割礼。 それ以来、彼は彼の主張が単に「抽象的な比喩」であると言って希釈しました。 しかし、政策の必要性と「それが良いかどうか、それは答えるのが難しい質問です」 間の区別を描き、彼の「大量自殺」提案を制限した彼の以前のコメントは、彼が意図したことを意味したことを示しています。 言った。

成田は不満を抱く日本の若者の間でかなり多くの支持を受けていると主張していますが、彼の提案は明らかに非実用的で非道徳的であり、ほぼ確実に意図的に挑発的です。 しかし、日本の高齢化問題は依然として緊急の解決策が必要である。 しかもこれは日本だけの問題ではなく、ほとんどの先進国で人口高齢化が進んでおり、すでに同じ問題に直面している。 国家だけでは、職場生活よりも20年または30年以上住む人々のすべてのニーズをもっともらしく提供することはできず、そうしてはいけません。 より高い課税は避けられませんが、国家は高齢者の通常の日常生活費よりは健康宝くじの「敗者」に資金を調達することに優先順位を置かなければなりません。 国が本当にケアを必要とする人々を支援できるようにするには、個人は自分の退職計画に資金を調達する必要があります。

明らかに根本的な問題は、年齢自体ではなく、医療依存性や日常生活の正常な活動を行うための治療の必要性であり、年齢とともに急激に増加することです。 高齢者が相対的に健康で健康な状態を維持していて突然の長期不正で死亡した場合、国家から莫大な財政支援を受ける必要はなかったでしょう。 しかし、主に様々な形態の認知症のような神経系疾患とまだ医学的に治療法が発見されていないパーキンソン病だけでなく、関節炎、骨が弱まる転倒、骨粗鬆症などのような他の要因によって、高齢者は結局国家の支援が必要になる。

___

現状では、老年層(75~85歳)と老年層(85歳以上)は現在、ほとんどすべての先進国で人口の中で最も急成長している部分です。

___

このような病気は、しばしば家族の個人的な介護を必要とするだけでなく、労働者の人口の増加の割合を占める雇用介護者によって悪化し、他の商品やサービスの生産から除外されます。 日本の労働年齢人口の約20%が将来の世話をする必要があると推定されています。 さらに、この種の神経系疾患に苦しんでいる多くの人々が長年生き続けることができます。 この問題に対する可能な解決策として頻繁に登場する介護者としてのロボットの提案は説得力がありません。 現在持っているすべての限界を持つロボットが認知症患者を癒して薬を食べさせようとしていると想像してください!

しかし、問題は解決策が緊急です。 統計が気になる人口統計学者は高齢者を3つのグループに分けます。 高齢者、75-85。 高齢者、85プラス。 このグループで医学的に依存している人々の関連率は、順番に若い高齢者の間で約25%です。 高齢者のほぼ50%。 75%以上が老年層です。 現状では、高齢者(75 – 85)_と高齢者(85+)は、現在、ほとんどすべての先進国で人口の最も急成長している部分です。

医学がそのような神経疾患の発症を治療または少なくとも制限することができれば、さらに寿命を延ばすことができれば、老化はほとんど深刻な問題にはなりません。 しかし、そうなると想定することはできません。 おそらく、研究資金は、治療が必要な長年の依存度を最も大幅に減らすことができる分野に送られるべきです。 しかし、それでも脳は心臓よりもはるかに複雑な臓器であるため、予後は不確実です。


Nvog1vnwJFEdcDfFlH4UUbKAs4DmcXYMBI9Cwhm0liA

推奨読書
社会科学
ナンシーカートライト

少なくとも近い将来、おそらく医学はそのような神経疾患にもっと脆弱な人々を識別することができます。 しかし、人々は自分が認知症やアルツハイマー病にかかる可能性があるという事実を本当に事前に知りたいですか? その情報で何をしますか? ある種の神経系疾患を患う人々の潜在的な数が大幅に増加する可能性があるため、助力自殺へのアクセスが容易になるという問題は避けられないでしょう。 しかし、繰り返しますが、選択は、苦しむ人がまだ残っている初期段階で行われるべきです。 メンティスを構成する、機会があっても行きたい人は何人ですか? それにもかかわらず、ひどい病気に直面したときの安楽死の問題は、全体的に量的効果がほとんどない場合でも、より緊迫しています。 成田の「大量自殺」はそんなこともなく、確かに望ましくない。

現時点では、援助がなければ日常的な活動を行うことができない人々の世話は国で十分にサポートされていません。 しかし、認知症とパーキンソン病の発症は宝くじであり、国は悪い抽選に備えて全額または少なくとも部分的な保険を提供する必要があります。 世話をする必要がある宝くじの性格にもかかわらず、後者は州で資金が不足し、それを背負わなければならない個人にとって非常に高価です。 認知症治療薬がない状況で、これらの資金をどのように調達する必要がありますか?

私の見解は、国家が一般的な国家年金の形で人々の予測可能で世話を必要としない老後の支出を提供するのではなく、健康不運に苦しむ人々が必要とする支援に資金を提供する必要があるということです。 一般的に、個人は現在よりも老年期に自分の通常の日常生活に資金を調達するためにはるかに多くの責任を負う必要があります。 もちろん、これは達成するのは簡単ではありません。 最近 ファイナンシャルタイムズ 記事では、Martin Wolfは、例えば、年金を提供するために賃金や給与からはるかに高い定期的な控除を必要とするシンガポールの先払い基金と比較して、英国の貯蓄率が比較的低いことに注意してください。 一つの道になります。

___

医療依存人口がはるかに多く、労働年齢人口がはるかに少なく、全体的な経済成長が低い世界は、間違いなく医療依存者を支援する負担を満たすためにはるかに高い一般レベルの課税を必要とします。

___

もう1つの可能性は、すべての納税者が一定の間隔で40歳、50歳、60歳になると、引退計画を提出しなければならないということです。 その計画では、納税者は、退職期間中の将来の支出計画と各個人が通常の平均に従って生活するという仮定の下で、国家の支援なしにそのような支出をカバーするために、退職年齢まで富を蓄積する意図を明示しなければなりません。 人生の期待。 しかし、平均寿命は、性別、所得、地域などの要因によって異なります。 したがって、Surreyに住む豊かな人妻は、ミドルズボラに住んでいる貧しい独身男性よりもはるかに多くの富を蓄積しなければ電子が国家年金を受け取ることができます。 そうすれば、計画が計画された支出を満たすのに不十分な人は、引退するまで引退することができないでしょう。 したがって、そのような引退が一般的に国家に負担を与えないまで、引退年齢が変わると思います。 したがって、国家年金は通常の期待寿命を超えた人々にのみ適用されます。 合理的で実行可能な資金調達戦略では、一生の間に最小限の消費ニーズを満たすことができない極貧層には例外が必要です。

これは何ですか 必然的に つまり、医療依存人口がはるかに多く、労働人口がはるかに少なく、全体的な経済成長が低い世界では、間違いなく医療依存人口を支援する負担を満たすためにはるかに高い一般課税レベルが必要です。 継続的な問題は、深刻な歪み効果なしに、そのような追加の税金を課し、仕事、貯蓄、投資するインセンティブを減らすことです。 これは、所得税の負担を所得と資本に対する税金から脱皮しなければならないことを強く示唆している。 私が別の場所で提案した2つの提案は、私たちが土地と炭素に対する課税に向かって強力かつ迅速に動くべきであるということです。 しかし、後者は別の議論が必要な大きなテーマです。

READ  AIの最高学会NeurIPS論文の著者に「理論が社会に及ぼす影響」についての説明を求め - GIGAZINE
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours