経済

人権事業

Laura Chapman Rubbo ’91(CLAS)は、大企業が特にグローバル人権の推進で肯定的な変化を引き起こす機会を提供していることを知りたいと思い、彼女はこれらの変化に影響を与えるために専門的な生活を送りました。

オーストラリアでアメリカ人の両親の間で生まれたRubboは2歳でアメリカに移住し、コネチカット郊外で育ちました。 彼女の両親はオーストラリア、ドイツ、日本で海外で働き、Rubboは幼い頃からより広い世界と世界中に存在する不平等を認識したと言います。

「私は、他の文化や言語を理解し、他の政治と経済システムがどのように機能するかを本当に重要にする親と一緒に家庭で育ちました。」と彼女は言います。 「これは歴史と国際関係への私の関心を引き起こしました。 私は世界がコネチカットの小さな隅よりもはるかに大きいことを理解しました。

RubboはUConnで経済学とドイツ語を学び、ジョージ・ワシントン大学で国際的な問題で修士号を取得しました。 その後、彼女はサンフランシスコに移り、Gapの本社でキャリアを始め、グローバルサプライチェーンの人権問題を解決するために会社と協力しました。 その後、彼女は会員企業に社会的、環境的責任を果たす方法について助言する非営利団体であるBusiness for Social Responsibilityに加わりました。

2003年、Rubboはディズニーに雇われ、同社の国際労働標準グループで仕事をリードし、ディズニーブランドの消費者製品を作る工場の条件を監督しました。 彼女は、過去5年間、ディズニーのグローバル公共政策グループで、ディズニーが世界的に人権を尊重する方法に関する戦略と政策を導きました。

Rubboは、人権の尊重を促進するために日々働く多くの献身的なビジネス専門家と協力してきました。 分野を拡大するのを助けるために、彼女はLaura Chapman Rubbo ’91人権とビジネス寄付基金を設立しました。 この基金は、人権を専攻または不専攻した学部生と人権プログラム大学院生を支援し、経営学、経済学、政治学、工学を専攻する学生を優待します。

「UConnのHuman Rights Instituteは本当に強力な人権プログラムです。 人々が他の学位と一緒に人権を専攻したり、不専攻したり、多学的カリキュラムを活用することができるこの種の交差機能機関を持つことは非常にまれです。」と彼女は言います。 「奨学金を授与する私の目標は、UConnがすでに人権教育支援に持っている強力な基盤を活用し、人権と企業間の関係を加速し深めることです」。

政治学および人権学の教授であるShareen Hertelは、次のように述べています。 「彼女は長年にわたり、私たちのクラスと小グループの議論で学生と自分の視点を共有するために寛大にキャンパスに戻りました。 この奨学金は、その分野のリーダーとして彼女の遺産を制度化する素晴らしい方法です。

人権研究所の所長であるKathryn Libalもこれに同意します。 「事業を通じて人権を発展させるリーダーとして、Lauraのキャリア軌跡はUConnで人権学位を取得する学生たちに模範となります。」

Rubboは長年Human Rights Instituteを支援してきましたが、継続的な影響を確保するために奨学金を寄付することにしました。 彼女は、奨学金が企業で人権活動を発展させるための建設的で協力的な考えにつながることを願っています。

Rubboは、「人権とビジネスの統合を支援するために永久に存在するものを作成したかったのです。これは非常に重要です」と説明しています。 「私は、企業が人権を尊重するために最善を尽くしているという事実を理解し、そのビジョンに専念する未来のビジネスリーダー集団を支援するために、学生たちと早く種子を散布したいと思いました。」

READ  経済活性化長官は財界に在宅勤務をさらに奨励すべきだと促した。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close