トップニュース

人権団体、日本、東京2020以前にLGBT平等通過促し

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、再調整された2020東京オリンピックとパラリンピック競技に先立って性的指向や性同一性に基づく差別禁止法案の草案を作成し、通過するように、日本に要請する書簡に署名した116個の機関の一つです。

菅義偉に送っこの手紙は日本の首相に性的指向や性同一性に基づく差別を禁止する国内法の導入を公に約束することを促します。

書簡の署名者は、オリンピックが「多様性の統合」を祝い、「未来のための遺産を継承」することで広告と述べた。

団体は、これが日本がレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、およびトランスジェンダー(LGBT)の人々と運動選手を国際基準に合致する方法で保護するために国の差別禁止法を制定しなければならないということを意味すると主張しました。

「全世界的に数十億人の東京オリンピックの観客がいる日本は、これまでにない方法で全世界的に注目を受けることになるだろう」と手紙に書かれています。

「これはLGBTを社会に含める政府の約束を示すことができる重要な機会です。

「現在、日本でLGBTの人々のための法的保護の欠如はオリンピック憲章、オリンピックアジェンダ2020または国際人権基準の要件を満たしていません。

「2018年10月、東京都はオリンピック憲章に基づいてLGBTを差別から保護する条例を採択しました。

「有望な措置だが、日本ではLGBTを含む国家差別禁止法をまだ制定していません。

「マラソンとレースワーク、ゴルフ、フェンシング、サーフィンを含む東京2020大会が東京外開くので北海道、埼玉、千葉、静岡、神奈川、宮城、福島県で-LGBT日本のファン、スポーツ選手、外国人観光客は、東京の差別禁止条例に基づいて保護されていません。

「日本は、2011年と2014年の人権理事会決議で性的指向と性同一性に基づく暴力と差別を終わらせるさせるの投票によって、国連でますます主導的な役割を果たしているが、日本のLGBTの人々は、引き続き激しい社会的問題に直面しています。圧力を受けており、仲間よりも法的保護が少なくなります。」

プライドハウス東京レガシーは、10月にLGBTのための最初のコミュニティのハブを開設しました。  ©Getty Images
プライドハウス東京レガシーは、10月にLGBTのための最初のコミュニティのハブを開設しました。 ©Getty Images

ヒューマン・ライツ・ウォッチの日本理事カナにも、この法案通過は、日本がグローバルLGBT権利リーダーになることができ、オリンピックの遺産の一部になると付け加えた。

日本は1880年以来同性愛が合法的なアジアで最もLGBT進歩的な国の一つと考えます。

大衆が2015年に反対するよりも、同性結婚をより好むように見られたにもかかわらず、日本ではまだ合法でありません。

差別禁止法は、仕事を含め、ほとんどの国に存在しない同性の養子縁組は合法的でありません。

トランスジェンダーは、2004年から日本で認められています。

日本法に基づいてトランスジェンダーは再配置手術と不妊手術後にのみ優先性別で識別されます。

プライドハウス東京レガシーは、10月にLGBTのための最初のコミュニティのハブを開設しました。この場所は、オリンピックとパラリンピックの前に総合的な空間を作り、差別に対する認識を高めることを目指しています。

2010年バンクーバーオリンピックの後にオリンピックに参加してきたPride Houseは、一般に性的多様性について教育して嫌がらせや差別に苦しむ人々のための避難所を提供するために、継続して情報センターを提供しています。

全体の手紙を読むことができます。 ここ

READ  東京都新型コロナ最多の602人の感染確認は初めてで600人以上の - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close